しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボール及び腕を出来るだけバッターに見せないようなフォーム。

kkk


おおざっぱですが、イラストを描いてみました↑。分かるかな・・・(笑)。

これは右ピッチャーをあらわしたものです。左の絵がバッターから見たピッチャーのフォーム。右の絵が一塁方向から見た時のピッチャーの形です。これは、トップを作って「割れ」に入ったところの絵です。黄土色がグローブ、青色が左腕、こげ茶が右腕、ピンクがボール、灰色が足底をあらわしてます。大体イメージが分かるのではないかと・・・・・希望的観測を持ってます(笑)。


今回のこれは、オーバースローである事が前提です。ここから肘、腕を十分に上げ、リリースに持っていきます。

私が最近感じる「オーバースローのピッチャーが、球を見づらくするための共通の形」というのがこれなんです。足を上げて、「トップ」の形をつくるまでは、まっすぐ立っていいと思いますし、私もそれが理想だと思います。村田兆治氏のマサカリ投法のように、はじめから後ろに傾くのはちょっと違うかなと。元広島の大野氏のような形がギリギリじゃないかと思います。でもよく見ると彼もトップまではさほど後ろに大きく傾いた形は取ってないような気がします。

で、トップを作って割れに入るときに「くの字」を作ってやるんです。お尻からホームに向かっていくヒップ・ファーストの概念とはちょっと違います。くの字というのは、まさに上のイラストの左の絵の形。軸足を曲げて、体もお尻を落として少し折れるような形を取るということです。極端にする必要はないですが、これをやると、たとえ後ろの腕を大きく使ったとしても、バッター側から見ると「腕が長く見えない」という仕組みなんです(左右の絵を比較してみてください)。

くの字を取らなくても、しっかり「壁」を作ることを考えてフォームを練っていけば結構腕は「短く」見えるか、体に隠れるものですが、くの字の姿勢を「割れるとき」に意識的に取ることでかなり体に隠れる部分が多くなるのです。後ろの腕を割りと大きく取っても、体に隠れるんですね。


見づらいと呼ばれるピッチャー、例えばホークスの和田やドラゴンズの山本昌などは少なくとも外から見た感じではこういう形を取っています。


この形を取るにあたり、他に気をつけるべき事は、投げる腕のほうの脇をしっかりと空けること。読みづらいと思いますが「90ド アケル」と書いてあります。目安として90度くらいの角度はしっかりとあける事を意識してください。つまり肘をしっかりと上げるということです。そして上でも書きましたが、この場合はオーバースローで投げる事。ホークスの和田はこの形の時、90度空いてないようにも見えますが、その後しっかりと肘がぐーんと上がるのでいいんです。このバックスイングのときにしっかりと肘が上がってないと(あるいはオーバスローで投げないと)、肩を痛めます。三角筋の後ろのほうがねじれるような感じになるのです。

そして、前足のつま先を意識的に上げておく事。出来るだけこれをキープしながら着地に持っていくと、開きを抑えられ、バッターに錯覚を与えるのではないかなって気がします。

グローブを出すのはホーム方向。三塁側に持っていくと投げるほうの腕が一塁側にいって、隠れなくなります。



とまあ、実際は↑のように単純なものではないはずですが、おおよそのところ、(私が感じるところの)ヒントという事で今回このような記事を書いてみました。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


爆笑問題太田はどうかしてる。

今日本屋に行きました。お目当ての本は、コマネチ大学数学科の対談本。それと共にどんな本があるかと店内を物色・・・・。すると爆笑問題太田コーナーと呼ぶべき一角がつくられていて、中沢新一氏との対談本や、太田氏自身が一人で書いた本などがあり、平積みになってました。


「太田総理」などを見るに、この人の解釈は「おかしいなあ?」と思ってました。彼曰く「軍隊はなくしたほうがいい」との事。


私もそれは「理想」だとは思いますが、「攻めこまれたときどうすんの?」って思います。これに対し「太田総理」内では、よゐこの有野が「それって、結局丸腰って事ですよね?それはちょっとどうかと・・・」ってコメントをしてました。このアイドルおたくのほうがよっぽど核心をついてます(笑)。そう、軍隊を持たないって事は「丸腰」ということ。私もそれはあまりに怖い。


「攻めこまれたときどうするの?」・・・・こんな疑問があったので(「太田総理」自体は好きな番組じゃないのでちょっとしか見てない)、そのあたりの事について書いてある記述はないかと立ち読みをしてみました。対談本にはいまいちその事がクリアには書かれていない印象がありました(パラパラっと読んだだけですが)。

もう1冊の彼自身の本にこんなような記述がありました。・・・・「戦いというのはどちらかが屈する事で終わらせる事が出来る」。彼の考えはどうやらこういうことらしいのです。つまり「積極的に屈せよ」という事。確かおなじ本の中で「小泉総理がテロに屈しないとか、その他の国も似たような事を言ってたけど、自分はガックリした。なぜ、テロに屈しますといったようなコメントを出すところがなかったのかと」といったような主旨の事まで書かれていました。つまり、「屈する」事で、早々に戦いを終わらせられるから、これが最善のテロ対策だと。



この人、ソートーオカシーです。私は彼の漫才とかお笑いは結構好きですが(ただ悪口が過ぎるのはキライ。そこまでしなくても十分面白いと思います)、こっち方面の解釈は100%受け入れられない。ヒドイ。


「太田総理」の中では「確かに屈することでの、いろいろな制約なり被害は覚悟しないといけない」と言ってました。彼はとにかく「戦う」事を全否定したいようです。



一言で言えば平和ボケの最たるものですね。私もそうとう平和ボケだと自分で自分の事を感じてますが、ここまでひどくない。

現実問題としては「積極的に屈する」事で戦いは早々に終わらないでしょうね。戦いを終わらせるって事は心にわだかまりを持たないということ。持ったとしても戦う感情に至るほどにはならないということ。一時的に戦う感情に至っていたとしても、長い間おさえられて、徐々に消えるということ。これらが必須条件だと思います。誤解を恐れずに言うならば、覚悟したからって「屈辱の感情」はコントロールできるもんじゃないでしょう。


ぼかぁ、屈するなんてムリだなあ。もしかしたら、現実問題戦いが起こって負けちゃったら、反抗など出来なくなっちゃうほどのヘタレ人間かもしれないけど、「屈してOK」の感情はとても生まれない。


「屈してOK」ということは、太田氏に置き換えて言うならば、「声帯を取られてもいままでと同じ内容の仕事量をこなせ」って言われても「ハイ、わかりました」と言ってそれをこなすことを指すわけです。声帯を取られたから、漫才は出来ないとか、その分文筆活動にまわして全体としての仕事量を同じか、それ以上にします・・・・って話じゃあないんです。屈するって事は「こっちの言い分はナシ」。出来ませんって言っちゃいけない。ついでに言うなら「出来ないというのが聞き入れられないのなら自殺します」・・・っていうのも許されない。自分のやりたい事がやりたいようにやれず、やらされる事が自分には無理難題であっても「絶対に」やらないといけない、そして死ぬ事逃げる事は許されない・・・・・これが「屈する」という事です。まさに生き地獄です。例えばシベリア抑留の痛ましい話なんてのはマサにこれですね。


彼にこれほどの「覚悟」・・・・・アルワケネーナー(笑)


※・・・余談その1 太田氏は立川談志ファンで、さかんに落語や談志師匠が曰く・・・ウンヌン話をしますが、当の(?)家元本人は戦争というかこの手の話題に関しては、実際に戦争を経験しているということもあり、私が感じるに普通の感覚の持ち主です。これは「世相講談」という毎週更新されているページを視聴すれば(タダ)分かるかと思います。太田氏自身もこの事(談志の考え)は知っているはずですが、この手の話題について引用はしないですね。おそらく意図的なものでしょう。

・・・・余談その2 当初の目的、『コマネチ大学数学科』の本は、店内を見渡しても見つからなかったのですが、「すいませ?ん。コマネチ大学・・・」と言うのがすごく恥ずかしかったので、近くの別の書店に行き、無事見つけ、買う事が出来ました(笑)。

テーマ:憲法九条 - ジャンル:政治・経済


今シーズンは本格的に暖冬?

私は東京在住ですが・・・・・あったかいもんねぇ?。なんといっても、まだ雪が降っていない。これって結構珍しいことですよ。なんじゃかんじゃいっても12月から1月初旬にかけて雪が一度は、ほんの少しであっても降るのが例年っていうもんです。今シーズンはまだそれさえもない。


私は関東出身で、しかもわりと北部なので、東京の冬そのものがさほどつらいと思わないのですが、それにしてもアッタカイ!


ただ、毎年毎年この時期「いや?、あったかいなあ。このまま寒くならないんじゃないの?」って思っていて、1月中旬あたりにぐっと寒い日が続いて、下旬頃風邪をひくというパターンが続いております。去年は少し避けられたかもしれないですが、それにしてもこのパターンはまずいので、今シーズンは「全く風邪をひかない状態」にしたい。なんといっても健康がありがたいので。


うがいは、毎度毎度、気が付いた時にしてますが、今日あたりから鼻うがいを再開しようかと。鼻うがい自体そのものにも効果がありますが、これをする事で気持ちを、こう、「ぐっ!と」入れるわけです。なお、鼻うがいについては、その方法について以前書いてますので、・・・リンク貼るのもめんどくさいので(笑)・・・このページ内にある「ブログ内検索」機能(上のほうと左のメニュー欄とで、2個所あります)を使って、興味ある方は読んでくださいまし。


関係ない話だけど、「ブログ内検索」機能がついてないブログって、個人的には使いづらいなあって思います。livedoorブログとかココログあたりって人気あるけど、この機能がついてないんですよねえ(つけようと思えばつけられるかもしれないけど)。検索エンジンでやってやれなくもないけど、不便だなって思います。私がFC2ブログを選んだ理由の一つはこれ。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


フレッド・アステアとブルースブラザーズ

フレッド・アステア。アステアといえば「体の軸」の確かさ。見事なもんです。そしてこのシーン、もちろん実写です。すごいですよね。




ブルース・ブラザーズ。これ見るとテクニックなんざぁ、クソ食らえ!って気持ちになります。見ていてテンションが上がってくる。実際のところは、これとてなかなか「真似しようと思ってマネできるものではなく」、何気にテクニックをたくさん要求されるんだとは思いますが、少なくとも上にあるフレッドアステアのそれと比べたらテクニックウンヌンの話じゃあない。でも、後ろのダン・エンクロイドの動きといったら、楽しい事この上ない。

ただ、よく見れば、軸という意味ではブレがないですね。無駄にぶれないから息も切れないんでしょう。でも、楽しい映像です。



ジルベスターコンサートを見て2007年を迎えました。

あけましておめでとうございます。今年もアレコレアレコレわーわーぶーぶー書いていく所存であります。

2007年・・・・・1年たった!?・・・・それってウソでしょ?って気が正直します。ジルベスターコンサートの記事を書いてからもう1年経ったなんて・・・・・ホントシンジラレナイっす。



去年の1月にも一応、このブログの抱負をあれこれ書いてますが、そのほとんどが実現してないですね。。。体の動きの事なんかはヘタクソながらも絵を導入しないとダメかなって気がしてます。今年は出来るだけそれを早く実現しましょう。その他モロモロ、あれこれあれこれ、書いていきます。



大晦日→2007年にかけて今年もジルベスターコンサートを見ました。普段あまりクラシックを聞かない私もこれは見ます。見事、今年も0時丁度に演奏が終了し、めでたしめでたしとなったわけです。去年は第九。去年も今年も、同じ時刻に全く同じテレビ番組を見るっていうのはいいもんですね。時間の流れを「ストレート」に感じることが出来ます。


あの第九から1年経ったなんて信じられない・・・です、何度も書いてますが・・・・。ちょっと反省すべきことが多すぎる、個人的感想であります。ちょこちょこ新しい事はやったのですが、いずれもぼ?んやりした感じで終始(正確には継続中ですが)したというトコロです。ほ?んと、時のタツのは早いもんです。



今日は、少しアレコレワーワーブーブー書いてみます。




よく「何歳頃に戻りたい?」って質問があります。私の場合、これって「全く」ないんですよねえ。「戻ってやり直したい」ならあるけど、「あの頃が楽しかったから、そこに戻りたい」っていうのは全くないです。自分くらいの年齢だと(もーじき33歳)、よくあがるのが中学とか高校の時。別に楽しくないことはなかったけど、戻りたいって感情はゼロに等しいですな。というか「戻りたくない」って感情のほうが強いです。むしろ当時から、正確には小学校高学年くらいのころから「早く一人暮らししたいな?」って思ってたので(といっても「自立」と言うほど、シッカリしたものでもない)、今せっかくそれが出来てるのにわざわざ戻ってアヤフヤな時期を過ごすなんて、ましてや「過ごしたい」なんてシンジラレナイ!




潜在意識の話。潜在意識というのは、人がその時に心に(言い換えるなら脳に)抱いているものを強く認識し、実現へと向かわせる働きがあるそう。ただ、この潜在意識というのは、善悪の区別というのが出来ないそうです。だから、いい事悪い事二つの想念があるとして、そのよりクリアに描いているほうを潜在意識というものは認識してしまうそうです。

いいイメージがクリアに描けているなら、潜在意識はそのイメージを取り込み、そして顕在意識(人の最も表面上の意識)に働きかけ、現実において実現に向かわすそうです。逆も、又、真なり。いいイメージはさほどクリアに描けてなくて悪いイメージが実はすごくクリアに描けているなら、潜在意識はそれを取り込んじゃう。その人が「悪いほうには行きたくない」と思っていても、その「思い、欲望」はさほど関係ないというわけです。


せっかくなんで野球にたとえていうならば、内野手なんかでスローイングのイップスがあるとします。このイップスというのは実は様々な要因がからんでいるとは思うのですが、いったんイップスにかかると非常に「悪いイメージ」ばかりクリアになっているという一面はあるかと思います。現にイップスにかかった人が異口同音に言うのは「うまくいってたときはどのように体を動かしていたかわからない」という事です。それだけいいイメージが頭に描けてない。こうなったら、悪循環です。少なくとも、今回の潜在意識の話で言うならば、「理にかなっている」という事です。


「ああは、なりたくないよなあ」と思いつつも、ついついそうなってしまうという経験はないですか?私はしょっちゅうです(苦笑)。でも確かにこういう時って「成功」「完成」のイメージが非常に不明瞭ですね。それにひきかえ「ああは、なりたくない」のイメージのクリアな事といったらないです(笑)。


対策としては、なんとかプラスのイメージをつくりあげる。マイナスのイメージを消し去る・・・ってのがベタですが、最近自分が思うのは「たとえイメージが非常に不明瞭でもどんどん動きながらどんどん修正を加えていく」ってのが「ベター」かなと。「ベスト」ではないけど、動かないと「ゼロ」ですから、とりあえず「ベター」を選ぶのも手かなって気がします。スポーツのトレーニングや練習とオンナジですね。

あと、ちょっと変わったところでは、あまりにマイナスイメージが思い浮かぶときは「勘」というか「予知」的なものが働いている可能性があるかもしれません。こういうときは「一呼吸」おいて深呼吸するとか、とにかく周りと「タイミング」をずらすと少し変わってくるかもしれません。マイナスイメージを「感知」しているのにそのまま突き進むと最悪の場合、事故とか、そんな事ってあるのではないかって気がします・・・これ、マジメな話。



まあ、基本的には、とにかく「イメージを明確にするって事」、そうでなければ「どんどん動く」って事、そして「どんどん修正を加えるのをヨシ」とする事、これらが潜在意識を利用するのに大事かなって気がしてます。この話は又、時間があれば。


紅白・・・ぱっと見には裸にしか見えないような、ひどい衣装があったようですな。これを事前に分かっていたのに止めなかったっていうんだから・・・・NHKも相当狂ってますね。もう、いいんじゃないのかなあ、この番組は。歌い手さんにとっては晴れの場であるのは今も昔も変わらないけど、ラインナップされている歌のほとんどが品のないものだし(と私は思う)、必ずしもいい歌い手さんが出ているわけでないし、出ている人たちも人気順というわけでもなければ、ヒット曲が出た人だけってわけでもない。そして品のいい舞台ってわけでもない。私個人的には、いまだに視聴率40%を超えているというのが信じられません。


ただ、ひとつの区切りとして、年末を家で過ごし「今年を区切りたい」と思う人、あるいは日本人にとってはいい番組なのかもしれません。私が去年も今年もジルベスターコンサートを見、純に「1年というもの」を感じたように、紅白を見る人というのはそういうものを紅白に期待し、見るのかもしれません。



意外と海外で見るという日本人が多いようです。それも、日本にいるときは見なかったのに海外で生活するようになると紅白を見るのだそうです。単純に日本の情報(日本語)が少ないゆえにナチュラルに感じる衝動って見方もありましょうが、やはり「日本人」を感じる(意識無意識問わず)番組の一つが紅白なのかなって気がします。

バックパッカーや自転車、バイク、登山等で海外を短波ラジオ(要は海外向けのNHKが入るラジオ)と共に長期に渡り、旅をされている人は、やはり年末は「必ず」紅白を聴くのだそうです。


このように確かに紅白は海外への発信という意味で、その役割も大きい一面はありますが・・・・もういいんじゃないかなって気はします。。。


ちなみに、紅白はラジオで聞くと、まだマシというか、まーまーいいもんですよ。テレビでの下品さが消えるというか・・・よろしければ、この事覚えておいてくださいまし。



昨年末財布なくしました。いやなもんです。幸い、現金は1000円ちょっとで(その数日前は10万ちょい入ってた)、銀行カード等入ってましたが、引き出されてはいなかったようで(暗証番号は私の全く関係ないものなので、そういう意味ではやや安心してる)、とりあえずハンコと通帳でおろして、前のカードはストップさせて、現在にいたるってなところです。。。。


前にもちょいちょい置き忘れたりしたんですよねえ。よくよく考えると財布そのものに少し愛着がなくなってきてたってのがあるかもしれないです。100円ショップで買った、100円ショップにしてはそこそこヨサゲな、丈夫なものだったのでマーマー気に入ってはいたのですが、いまいち機能的に中途ハンパで「使いづらいなー」と思う事もしばしばあったんですね。このあたりもなくした要因の一つかって気がしてます。



近々携帯を変えようと思ってます。正確にはPHS(笑)。安いのはいいけど、電波の理由じゃなくて「PHSだから」つながらない時があったり、何よりも端末そのものに愛着を感じなくなってきてしまったってのがあります。PHSにするくらいだから、さほどケータイを使わない人間なのですが、↑財布の例のように、「モノに愛着を感じない」というのは、いい事じゃないなと。「大事にする」事も大事だし、「いいものを使う」というのも大事。どっちにしろ私が使っているドコモPHSはサービスが終わってしまうので、これを機会に変えようかと。何がいいのかなあ・・・・。



初日の出・・・東京は晴れるでしょうか?初日の出、特に首都でどうなのかってのはその国のその一年の運気を暗示しているって話もあるようで、さてさて・・・・・予報では晴れのちくもりだとか・・・・・どーなんでしょうね?



最後に関係ない話をひとつ。この人、岩下志麻さんです。20代前半かな。恵比寿にある麦酒博物館(サッポロビールが関係している)で、歴代のポスターが飾られているのですが、そこに掲げられているそうです。わたしもテレビで見たっきりなんで、まだ行ったことはなく、現在の様子がはっきりわからないのですが、おそらくはサッポロビールの歴史の一つをあらわしているポスターなので今も飾られているのではないかと。私は酒は弱いですが一度行ってみたいですね。館内には、出来たてのビールを飲ませてくれるスペースもあって、一杯200円かそこらで飲めるのだそう。恵比寿は、まーまー遠くない場所にありますが、私の愛車の原付でいけないのが難点かな(笑)。



そういえば、最近テレビで贅沢日和のCMを見てひっくり返りました。最初、誰だか「全然」わからなくて、「だれ!!この人!!!」って思って、すぐに検索。ハセキョーさんだとわかった時は、「うーん、やっぱり自分はこういう顔カタチの人が好きなのかなあ?」と自己認識に至った次第(ナンジャソリャ)。


↑の岩下志麻さん、あるいは、ハセキョーさん、・・・・こういう女性と共に・・・おビールでも飲めるならいいもんですなあ。。。。。


hase





ええ・・・今年もよろしくです・・・・。

テーマ:あけまして! - ジャンル:ブログ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。