しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナベツネさん、そりゃないよ。

「年寄りをいつまでも抱えても仕方ないじゃないか」だとさ。オイオイ、強い選手をかき集めることに賛同してた(この人が「主導」したかどうかはイマイチワカラナイ)くせに、用なしになったらさっさとポイ捨て?そりゃー、戦力として考えられなくなったら「おひきとり願う」というのはチーム構成で大事なことですよ。でもあまりに情、配慮というのに欠けたコメントではないですかい?久々にがっかりさせられたコメントでしたよ。

ワタシはおそらくは、さほど他の人ほどナベツネさんには怒らないほうだと思う。というか、気にしない。まぁ、はっきり言ってしまえば「ワタシも」この人が「ガン」であるだろうとは思っているんだけど、しょせんはほとんどがマスコミが「やや過剰に」書いていることだし(といって日テレで江川氏が「当たり障りないように」コメントするのもどーかと思うが)、現実に内部で何があるのかは分かりようがないからだ。マスコミ報道以上にドロドロしているのかもしれないし、ナベツネさんはそれとして、ただ彼のご機嫌とりをしている人間が何も考えないで選手獲得を主導しているのかもしれない。

ま、そういうこととは別として今回のはあまりにヒドイと思ったデスヨ。こんなことならだーれも巨人に入りたがらないだろうし、だーれも巨人グループに残ろうとはしないだろうし、だーれも巨人で選手生活を終わろうなどとは思わなくなってしまうヨ。ナベツネが死ねば・・・って話もあるけど、現に今主導しているのは下の人間だとしたらナベツネが死のうが死ぬまいが関係ないということになる。今後も巨人は腐敗への道を歩むこととなる・・・・・・・・。


ナベツネさんのちょっといい話。

故・田中角栄氏に長年ついた秘書に故・早坂茂三という人がいたのだが、この人は田中氏につく前は小さな東京タイムスという新聞社にいた。小さい新聞社ゆえの苦労というのがあって、取材現場にいくにしても公共交通期間を乗り継ぐ。対して大手新聞社の記者は自社の黒塗りの車で乗り付ける。記者会見などあっても早坂氏はいつも最後の到着だったそうだ。それに対して「どうして?」と話かけてきたのが、当時政治部記者として走りまわっていたナベツネさんだとの事。早坂氏が、記者先輩のナベツネさんに事情を話すと、「それは大変だな。分かった。我々大手の連中が持ちまわりで君の会社に行こう。朝はムリだが夜決まった時間に車で迎えに行くよ」と提案をしたらしい。

もう、これはただただ親切心でそうしたようだ。ある日の夜、東京タイムスの社長が自分の会社の前に見なれない他の新聞社の社旗をつけた黒塗りの車が停まっているのを見てびっくりしたらしい。そこで社長は車の中にいる人間に事情を聞き、早坂氏に話を聞き、今度は早坂氏用に黒塗りの車を支給(それまで別用途で使っていたもの)することになったのだとか。


別会社の人間に対して、別会社の人間を使って気を配ってやるなんざぁ、なかなか出来ることではないと思う。まぁ、それだけ当時から政治部記者内で力があったという事だろうがこれは自社内での話じゃないことを考えればやはりスゴイことだと思う。ナベツネさんはこうした叩き上げの土台があって社長になった人間である。


こうしたエピソード、略歴等を素直に取るのならば「どうして???」と思うことの連続である。な?ぜなんだろ?


星野氏が巨人の監督を引き受けるとかそうでないとか。チマタでは「それはないぜ!」という意見が多いように思う。私もそう思う。でも希望的観測を一つ考えるとするなら「内部に入りこんで巨人の体質を根本から変えたい。プロ野球全体のために」という気持ちを持っての監督受諾(まだしてないけど)。そうだな、どうせするならそのくらいの事やってもらいたいな。そしてナベツネが2度とあんなコメントしないようにしてもらいたい。「夢」でしかないかな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/90-daf23954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。