しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1時間ほど軽めに投げこみ。

今日は夕方以降投げる時間が出来た。ただ、今日はジョニーの復活登板の日でもある。生で見たい。が、自分の都合を優先させた。自分が生で見なくてもジョニーはやってくれる。だいぶ前にジョニーの予告先発を発表した今日の千葉マリンは今シーズン最高観客動員人数となった。ワタシは予約録画をして、日が沈む前に蚕糸の森公園に向かった。

壁の前には親子連れがいたが、例のごとく壁の半分(壁の横幅は10m弱ほど)を拝借。丁度帰る時分だったらしく5分ほどでいなくなった。

今日は「抜いた球・遅い球」が課題。えぇ、NANDAの影響ですとも(笑)。

実際にボールを投げられない時でも多少なりとも構想をする。新しい球だったり、新しい投げ方だったり、同じストレートでもより速い投げ方だとか握りなどなど。最近はコントロールに関してあれこれ考えることが多いか。頭の中だけであれこれ考えたり、シャドーをして腕や体の感触を確かめたり、あるいは実際にボールを手に持ち、部屋の中で寝っころがり天井めがけて投げて感触を試したりしながら、次に投げる機会を待つ。

今日もそんな日常(どんな日常なんだろ?)の中から思いついた「抜く球」の握り、投げかたを試しに壁当てをしにいったということ。

「時速100キロを超える腕の振りの中で実際に球を持って、初めて得られる感触」というものがあるもので、いくら事前に構想をしたところでそれらが事前構想通りにいかないことは実に多い。ほとんどといってもいいくらい。といって、事前構想がムダだとかムダじゃないかとかそういうことはワタシは気にしない。これはホントにただの日常だからだ(笑)。新聞を読むようなもの。ほんっとに趣味なのである。

で、今日も事前に考えた握りを試すもそのほとんどはムダで、投げてる途中にあれこれ試してる中で発見した感覚ってのがいくつかあった。こういうのもいつもの事。だからこそ壁当てでも投げこみというのが必要になってくる次第。

今日の場合、思いのほかコントロールよくいったのが腕をふってのナックルと5本指で握るカーブ。ナックルといっても目的は「腕を振ってスピードが抜けるかどうか」が第一(要はチェンジアップ)で、それがある程度できたということ。5本指で握るってのは単に私が手が小さくて、5本指だと意外なほどに安定して投げられたというだけのこと。

これが試合で使えるようになるのかどうか、これが問題である。試合以前に練習でマウンドから投げて安定するかどうか。今日は投げてくうちに体がほぐれてきて、その中で投げてきたから安定もしたといういつもの投げこみの成果なわけで、いろーんな要素がからむ試合ともなるとまた話が違ってくる(違ってほしくないんだけど。笑)。

ま、なにはともあれ、ちょこっとつかんだものがあるから又マウンドから投げてみたいなーと今は思っているところ。ここで試してまたムダに終わることが多いっていうのもいつものこと。そんな繰り返し。


最近感じるのは「ムダをムダとせず生かす」っていうのもある意味キレイゴトで、考えようによっちゃ貧乏臭いかもしれないなあということ。仮にベストの選択というのが「全く新しい事、感覚を身につける」ことだとするのならば(過去してきたこと全てが間違ってたという意味)、「ムダになった感覚を生かす」ってのは邪魔なだけな場合だって多々あるんじゃないかなあって思うのだ。本当に捨てきって過去の感触ってのをキレイさっぱり忘れる、過去得た感覚を指標にせず、ただただ新たに得た感覚のみをよりどころとする・・・・・そんなことってかなり大事じゃないかな?と思うのだ。

ムダとなった事を本当に「ムダだ!!」として捨てて「完全に忘れて初めてムダがムダにならなかった」となる事、たくさんあるのではないかと。「過去を教訓」と考えればかえってムダとなるかと。ただ、捨てるサジ加減というのは難しいかもしれない。勇気もいる。このあたりっていうのは前に進んでガンガン試してこそ初めて得られる感覚なのだろうか。何事も。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

お久しぶりですm(__)m
先日のNANDAは自分も見ましたよ。
あれの影響と新公認球の出現で自分の中のナックル熱が一気にあがりました(笑
それでここのところ練習してたんですが、今日一球だけ(つまり完璧なマグレ)
上手く投げることが出来まして、揺れました。本当に揺れました。
相手がなんと空振りで撮れなかったんですよ。
もうダメです。完全に虜になりました(笑
【2005/08/29 01:08】 URL | 元しぃせん板メジャー情報提供委員 #-[ 編集]

どもども、どーもです。よくナックルが揺れるといいますが、ワタシはいまいちその揺れっていうのが分からないんですよね。揺れるっていうと、「ゆらゆらぐらぐら」って軌道を想像するんですがさすがにそれはないんですかね?揺れる球っていうのはむしろ「不規則にふわ~っとする」っていうのが近いんでしょうか?ま、「言葉のイメージ」にとらわれすぎなんですが(笑)。

さて、一球だけまぐれで揺れたという球、投げた自分の目から見てもわかったものなんでしょうか?こうなると、ワタシはますます想像できません(笑)。目が悪いのもあるんですが。でも相手が捕れなかったなんてのはすごいもの。

軟式で揺れたんですもんね。新球ですか?投げる勢いはどーんな感じだったんでしょう?よくゆるめに投げたほうが揺れるといいますが、こうなるとワタシの目からはますます棒球としか見えません(笑)。そういう球が意図的に投げられたらいいなぁ。楽だろうなあ。
【2005/08/29 22:04】 URL | しぃせんたけだ #IRHGKaLM[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/86-6cfa47f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。