しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放たれたボールは右打者の背中に突き刺さる(笑)。私のアンダースローの連続写真です。

20050421220303s.jpg

これは正確には私が普段投げてるフォームではないです。バックスイングはもっと大きいしリリースポイントもこんなに低くはないです。渡辺俊介のイメージでシャドーをしてみたのを撮影した次第。でも投げ方の理屈というか、その基本的なところ、感覚は普段投げてるものと一緒。ただ「シュンスケっぽく投げよう」ってなもの。


リリースポイント、高低に違いはあれど、前後ということでいえば多分一緒だと思う。ここで前回アップしたアンダースローの写真の中にあるシュンスケ(ロッテファンは親しみを込めてこう呼ぶ)、山田久志氏のフォームと、今回アップした中段の右から2枚目のフォームを見比べて欲しい。私のは一言で言えば前に体重が乗ってない。体の前傾が弱いとも言える。この前傾の弱さが右打者の背中めがけて球が走っていく結果となる(笑)。

シュンスケは投げるときに腹筋の意識が強いそうだ。かなりキツイらしい。でも私はそんな意識なし(笑)。それがいかんのかな?。投げ終わって風呂入ってときとか翌日とかに「デデデデデ」ってなるくらい。

でも体の前傾が弱いからといってそれを無理に筋力(上体の筋力で無理に前傾しようとする)で補おうとするのは違うと思う。体の動かし方には順序があり、その適切な位置取りで理想の動かし方を目指すのが本当だと思う。例えばダッシュをかけるとき、走り始めはかなりの前傾になる。けれどもこれを無視して前傾をしないで脚力のみで最高速に達せようとしても意味がない。重力を利用して、重心を上手に前方に移動するべく体を大きく前傾するということだ。

ピッチングもそんな感じだと思う。

でも、今回アップした「俊介ばりを目指したフォーム」、球の位置といい、グラブの使いかたといい、一瞬見る分には結構楽しめると思うけど、いかが?(笑)。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

アンダースローにすると確かに球が前では放せませんね…
やっぱり体の柔らかさとかすごい大切なんですね。

あ、今度親がいないときにでもテレビ見ながら渡辺選手にタイミング合わせて見ます(笑)
ところでタイミング合わせといえば『シンクロ打法』ってやってますか?
僕も個性的なフォームながらこれはきっちりやってましたよ。
これを取り入れてから右方向にも鋭い打球が飛ぶようになりました。

高校も中学も打撃の拙いチームだったんで当たってでも出るのは大切でしたからね(笑)
でも硬式は当たり所悪いとホント痛いですよ…
清原選手は何処まで丈夫なんでしょうか…
ちなみに今日のブログに清原選手の死球数書いときました。
【2005/04/22 00:16】 URL | 弱肩外野手 #HlYXEWHA[ 編集]

どうも。
アンダースローはシャドーだとある程度キレイなフォームで投げられるんですけど実際ボールを使うと難しいですよね。

あと、この前山田久志氏が言っていましたがアンダーは”球持ち”同様リリースまで”球を打者に見せない”事も重要なんだとか。(これはアンダー特有の問題ではありませんが・・・)

それで言うと、この連続写真の上段一番右、中段一番左の投げる方の手の使い方に改善の余地があるかなと思います。フォローを小さくすると勢いあるボールが投げられないとのデメリットもありますが、アンダーの最大の利点は”合わせ難いタイミング”だと思うので、フォロー時の手の使い方はかなり重要かと思います。

グローブの使い方は”抱え込む”より”体の前に置く”感じの方がより長く球を持てるのではないかと思います。抱え込むとどうしても左肩が開き、リリースポイントが早くなるような気がします。

↓に山田さんの動画がありました。参考になるなあ。
http://www.meikyukai.co.jp/member/tousyu/kojin/yamada.htm
【2005/04/22 00:22】 URL | 若武者 #69AtHTSQ[ 編集]

名球会の山田氏の動画は見たことあります。これは現役引退後の技術解説のビデオの中の1シーンだと思ったのですが(名球会ビデオというのがあります)、そのせいか物足りないんですよね(笑)。連続写真があるのでそれをたまに見てます。『投げる』って本も面白いですね。
 グラブの使いかたは、今のところリリース後は無意識ですね。そこまで考えてないです。徐々に攻めていきます(笑)。今はリリースするまでにどこにグラブを置けばいいかと考えてます。今は、サードよりにグラブを置くと(壁は出来やすいのですが)ボールが抜けるので無理しないでキャッチャー方向、あるいは少しファーストよりでもいいから、「前に」置いて、なおかつそれを壁にして開かないようにしてます。

 この連続写真の時も含め「体で腕・ボールを隠す、バッターになかなか見せない」ということは考えていたのですが、それに意識がいっちゃってやっぱりボールが抜けるんです。右打者の背中に突き刺さるんです(笑)。バックスイング(隠してる段階)からトップに至る時に、適正な位置(トップ)にボールがこないんです。シュンスケなんかは「すっ」とトップに入るんです。何気なくなってますがこれは相当速いです。私は筋力もないのと、現実問題鍛錬も出来ないので、「隠す」って事は無視してます。それより「適正なトップの位置」に「腕を入れる」事を重視してます。きちんとトップが決まるとある程度ボールがまともにいくのでそれを重要視してるというわけです。
【2005/04/23 21:22】 URL | しぃせんたけだ #IRHGKaLM[ 編集]

体は以前はやわらかかったんですよ。高校のときは体前屈25cmでした。今は・・・・試しに今やってみたところ、あ、10cmはいきました。もっと体ほぐせば15cmくらいはいきますね。体はいったんやわらかくするとかなり「もつ」んですよ。でも私も相当不精にしてるんでここまで硬くなってしまいました。おかげで腰も痛めたのかもしれません。んなわけで、私は体が柔らかいわけでもないのに無理してシュンスケの真似したんじゃ・・・先が見えてるというわけです(笑)。あ、肩周りは可動域広いほうだと思います。

シンクロは私は今は「テキトー」です。後で今のフォームはお見せしますが、現在はかなり大きく足を上げてタイミングを取るのですが、そのタイミングは「テキトー」です。ピッチャーが足を上げるのに合わせてテキトーに足を上げててきとーにおろすのです。「相手に合わせてこっちも足を上げる」のですからシンクロといえばシンクロなんですが、手塚本にあるAタイプとかBとかCとか、あんな区分けは出来ないですね。Aともいえるし、Bとも言えるし、足を下ろしてからタイミングをはかるときもあるからCのときもあります。ところでこの区分けはご存知ですか?「手塚本」は私もかなりはまったほうなので、あれこれ試しました。

硬式ってある種武士道的なものがあるtってのは考えすぎかな?少なくとも「気」が入ってないとやれないですわな。そうは言ってもアメリカじゃあ軟式ってのはないんですもんね。でも楽しそうな、日本の少年野球と同じイメージありますね。
【2005/04/23 21:34】 URL | しぃせんたけだ #IRHGKaLM[ 編集]

ではお邪魔しま~す。

shimejiさん、素晴らしい!

種を巻いたのは確かにこの私です(笑)
でもこんなにまで頑張って頂けるとは・・・・・
想像を遥かに超えてました。
大変な作業だったでしょう?

写真の通り確かにオーバースローと基本的な体の位置は
そんなに変わらないですね。
よく言われるのはボクシングのパンチは上から殴っても弱い。
皆横から殴るのはパンチが強いからだ、と言われます。
体に負担が掛かるマイナス思考ではなく
より強い球を投げたい、バッターに球の出所を見にくくする為に出来あがった
プラス思考においてのフォームですからね。
その辺りにもヒントがある様な・・・・・・

shimejiさんのフォーム写真も拝見しました。
ご本人が書かれている平地のマウンドだという点。
他にもスニーカーというのもあると思います。
ピッチャーはマウンドの土を咬むスパイクを履いてからでないと
キャッチャーを座らせてする投球練習はしないですから。
スニーカーだと踏ん張れないですよね。

体重が乗らない、というのは、上記の点以外だと、
多分、左足の動きにあるんでしょうね。
上段右端の写真の左足のつま先が少し上を向いてるでしょ。
ここでつま先を開かずもう少し踏ん張って、タメを作る感じで、
ス~と体を前に流してやる。
そうしたら右肩が開かず、粘れて、
前を向いた時に胸を張った形になって、
体全体のねじれの力を利用して投げられるんじゃないでしょうか?

上記の結果、2段目左端の写真の左足のつま先がかなり上側に開いてますよね。
ここではつま先が開かず左足や体全体が内側にしぼり込む
力感を感じさせた方がいいように思います。
そしてフィニッシュの時にその力が一気に爆発するって感じでしょうか?

もうひとつは頭の位置ですね。
やや横を向きすぎかな?って。
山田、渡辺氏の頭の位置は意外と普通ですよね。
そんなところにもヒントがある様な・・・・

そうやっていくと腰とかに負担が掛からなくなるんでしょうかね~?
これで一度試してもらうしかないかな?
大事なのは飽くまで自然な流れの中で出来るフォームなんでしょうかね。
私には分からないです。無責任なヤツです。
あとは渡辺俊介本人に訊いてみるしかないかな?
ゴメンシテ(BY 掛布と31匹の虫たち)



【2006/02/23 10:32】 URL | パリーグ魂 #ICZBsRtU[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/5-2342f1f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。