しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


若武者さんへのレスを兼ねて解説。

昨日アップしたバッティングフォームの動画(6月5日20時半ころまでDLできます)の解説です。若武者さんがいくつかポイントをあげてくれたのでその回答を兼ねて書かせていただきます。


若武者さん、コメントありがとうございます。「ネチケット」というか常識さえふまえてくれればどれだけ辛口でも結構ですよ・・・なんとも微妙な表現してますね、われながら(笑)。ま、どしどし書きこんでください。

現在では寝かせたフォームにしてます。「バッティングの話」の中にそのフォームの連続写真がありますのでそれと比較すると多少自分なりの改善点も見ることが出来るかなあと思っております。

内角高めですか・・・ごっちゃんです(笑)。私は可能な限り力強く振りますが、決してHR狙いってわけでもないので高めの球がくれば合わせにかかります。というか落合式で、「インハイ速球」に間に合うように待ってるので、こういってはなんですが草レベルでストライクで内角高めは「おいしい」です。ま、それでもボールの下を叩くことが多かったのでバットを寝かせることにしたのです。ミート率が上がりました。

トップのグリップの位置・・・これはず?っと課題なんです。いつも動画を見て判明するところです。実はこれでもマシになったんですよ。これを解消する意味でもバットを寝かせて、肩の上にバットを乗っけてしまってある種バットを固定することでグリップを大きく動かさないという策を現在では採用してます。といっても融通きく範囲ですが。連続写真みれば分かるかと思います。このグリップの位置の意味でも動画の中では2つめ、4つめのスイングの形がいいかな?と思っています。1つめのスイングはモロにグリップが遅れてますよね。

足をあげて「1、2のサーン」で打てればこの上なく気持ちいいのですが、そんなことはこの世の中にはないようなので(笑)、実際は足をおろしてから間をつくってタイミングをはかるような形です。字じゃわかりづらい・・・。足は、あげないとかえってタイミングがとりづらいのと、体重移動やいろいろと体がうまく動かないのでやっています。

ボンズで6cm、松井で14,5cmかな、そのくらいは上下にぶれるみたいです。私はもっとぶれてるでしょうが、ま、あまりぶれないのを気にしてもどうかって気もするので、本文で書いたポリシーでやっています。

体重は私は十分に乗ってると見てます。そして体の中心でくるっと回ることを考えてやってるので、その点はこの動画ではオッケーと見てますね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

タイミングを逸した感もありますが、わざわざエントリーして頂いて恐縮です。
しぃせんさんの考えが良く分かりました。

バッティングフォームで問題なのは素振りではなくて実践時のフォームですよね。
次回は球を打っているときのフォームを見たいななんて思います。

また、1個前のピッチングのエントリーの事ですが、良い球投げていますね。
私が想像していたしぃせんさんの球よりもはるかに良い!
ピッチングの動画もみたいなあなんて思いました。

では!
【2005/06/25 10:10】 URL | 若武者 #yjDB8MKw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/45-d44df6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。