しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


悲しきアンダースローとの別れ

別にかなしかぁーね?んですがね(笑)。

こないだチーム内で練習試合(紅白戦)をし、私はピッチャーをしたわけです。もちろんアンダースローで。それなりに練習を積んでそれなりに形になってると思うのです(掲載済みの連続写真参照)。でもなかなか制球力が良くない。キマルと結構いい感じではあります。でもキマラナイことが多い(笑)。右へいったり、左へいったり・・・・。そもそもアンダースローにしたのも、・・・かっこいい、というアコガレもあるが(笑)・・・・それが大部分だったりするが・・・・やっぱり結構な癖ダマであるからです。キマルと「いい球」とか「ヤな球」とか好評価をもらえるのです。ただ、キマンネーんだ、これが(笑)。

そもそも、少し前の練習試合でそれまでのオーバースローで投げたら結構打たれたのが「もう少しアンダーをがんばろう!」と思ったきっかけ。最初ちょこっとアンダーでやったものの、今以上に制球力がなく、途中でオーバーに変えるものののの、「棒球」で打たれたことで、自信が(いっちょまえにある)ガララララと崩れたという経緯があったのです。

でも、今にして思うと相手強かったし、自分も今よか制球力も技術的にも精神的にも悪いものがあったから、打たれて当然だったと言えるわけです。つまり、オーバーとかアンダーとか関係ない、と。

この経緯はともかくとして、この間の紅白戦の話に戻る。で、試合途中でオーバーに変えたら、これがいい。ワタクシ事ではアリマスガ、ここしばらくはオーバーの練習は「ゼロ」だったわけです。シャドーでも壁当てでも、ずーっとアンダーかサイド。それだけ「投げる」って事で言えば、しぜーんとアンダーでやるものという感覚が自分の中にはあった。そしてこれまでは、アンダーやってたのに、いきなりオーバーになったら制球が全然定まらない、というパターンになってた。

ところが、今度ばかりは、まぁ、確かに抜ける球も結構あったけど、こないだと感覚が違う。「思う」とまーまー制球が出来るようになった。

これは、アンダーで自分なりに試行錯誤をし、勉強(いっちょまえに)したことが役立ってるのではないかと思う。アンダーでリリースポイントだとか、変化球投げるときの手から抜ける具合とか、そうしたタイミングとか、体の傾きだとか、その他モロモロを考えて実行してきたことで、自分の中で、考え方の「軸」が出来て、それを応用することが、こないだのオーバースローで出来たのではないかと思ってる。

アンダーは感覚的に言うならば(あくまで個人的感覚)、1・5倍の集中力、チェックポイント、体力とかがある。まぁ、それだけ体になじんでないってことかもしれないけど。オーバーにするってことはそれだけラクになるということ。より少ない集中力で、より少ないチェックポイントで投げることが出来る。

「棒球」、自分の球速ではこれは仕方ない。だからアンダーに取り組んだんだけれど、1試合を通してやるのはキビシイ!と結論づけた!。「もしかしたら」また戻るかもしれないけど(オーバーをまじめに考えることで、又、アンダーに応用できるなんて事が出てくるかもしれない)、アンダーを「やろう!」と思った時と「同様に」、「ずっとオーバーでやるんだ!」って気持ちであります。

ぶっちゃけ、体ラクだしね(笑)。アンダーは、私の体力だと、数十球ならいいけど、それ以上はキツイ。オーバーはもうちょっとなげられますわ。

さー、タイヘンダ、タイヘンダ。こんなエラソーなこと書いて、下手なピッチングできなくなったぞ(笑)。今はとりあえず回転のいいまっすぐとカーブを投げることを研究チュー。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

うぃっす
PCはネットに繋がってないんですよ~
繋がってたら毎日でも書くんですけどねぇ。
俺は野球をやっていない時もある意味でできる事がたくさんあるところに野球の魅力を感じているんで(気が付くと空素振りとか投球フォームとかしてたり)理論を語り合うのは好きなんですけどね
携帯は疲労感がひどくて

こないだのことを書きます
まず守備は初回にフォアボール、ヒット、そして俺の初ファーストでのエラーが重なって失点
五回は確かツーアウトからエラーがらみでランナーが二人たまり、ランニングではなく普通に四番中村紀洋ぽい人に直接HR。そしてその後下位打線の臨時助っ人ぽい人に打たれ+2点。そこを悔やんでたんだと思います
七回はランナー二人出たとこで和田さんに変わって二点失いましたが、その後石黒さんの好判断でトリプルプレーでチェンジ(笑)
あとはスコアどうりのナイスピッチングでした
守備もエラーは二つだけでした

攻撃はイイ当たりが守備真正面が多かったかな。ヒットと相手のエラーがちょいちょいあったので出塁はうちの方が多くありました
スコアを見ればわかると思いますが残塁が多く、相手のエラーの方が多かったにも関わらず相手のエラーは得点にならず、うちのエラーは直接失点に結びついてました
守備と攻撃の面で『運がない』感じでした。

自分の打撃についてなんですが、全部左で打ちました。
全部当たりがショートに飛んだんでイイ当たりだったかどうかは全力疾走したんで不明です。
芯に当てたけど地面に向かって打ってたという感じがしました
タイミングうんぬんは橋本は合ってたと言ってくれてましたが、明らかに全打席遅れ気味でした。
遅れたが左手は添えるだけの右手の一本打ちなので支障がなく打てた
こんなところですかね

【2005/05/25 03:17】 URL | カゼひいたヒロ #GpT49UKE[ 編集]

試合で学んだことはカウントについてです。
祐輔くんの高めを振るバッターはやりやすいという指摘は考えさせられました。
そこで試合には『①高めと外角は寸止めする
②明らかなボール以外は全部振る』
という気持ちで行きました
これでカウント的に有利に慣れたような気がします。
一打席目は初球を空振り、二球目ド真ん中をに打ちに行きました。
二打席目は初球の外角を寸止め、だが空振りをとられる
二球目ド真ん中を打ちに行きました
三打席目は寸止め作戦でノースリーになる
ワンアウト最終回だったので、このままフォアボールで行こうと思ったが、四球目にド真ん中が来て無意識に手がでる。芯に当たるが体の返し?回転?がなくショートゴロ。
でした。
精神面でも迷いなくできたのは大きな進歩でした

自惚れですが、小学生の時から思ってることで左だと当てるだけなら死ぬほど楽なんです
左のフォームは自分の中では完結してて、
左足のつま先をショートに向け右足を内股にしてを打つ瞬間に右足のつま先の外側で地面を掘る?エグる?しつつ体を回転させる。伝わるかな?
(松井とかすごいじゃないですか)
右手でボールに当てて体のひねりで飛ばす感覚にしてます。
左のリストの押し返しがないから内野の上を越さないのだと思います。
いろいろ考えてますが当たらなくなるとやなので、左手の返しにはこだわらないで、タイミングをもっと合わせて体のひねりを意識する
【2005/05/25 04:50】 URL | ヒロ #-[ 編集]

試合展開、詳細にわたり報告ありがとうございまする。タマーズのこないだ参加したメンバーで「いや、それはちょっと違う」という指摘があれば書きこんでくださいまし。読者を意識しながら(笑。ウソウソ、てきとーでいいよー)。

ヒロ氏の打撃論・・・つっこみどころ満載ですぜ(笑)。まず内野の頭を越えないのに今のままでいいと思ってるところがまずい。「当たらなくなるのはイヤだ」という気持ちは「すっごく!!」わかりますけどねえ。ただ、言い分もあるだろうし、実際に体を動かしてもらってないのでお互いこのネット上では通じ合ってない部分もあるでしょう。ヒロ氏は携帯だしね(笑)。

そこで!、ちまちま「打撃コミュニケーション」をしていきましょう。で、その第一弾として、上でヒロ氏が書いた文の中に「打つ瞬間に右足のつま先の外側で地面を掘る」とありますが、左打席なら、これ、左足のマチガイじゃないの?」

ウェブ上でのやりとりがやりづらければ、メールやり取りでもいいですが、いかがいたしやしょーか、ヒロ殿。
【2005/05/25 20:16】 URL | しぃせんたけだ #IRHGKaLM[ 編集]

オーバースローだったら『どスローカーブ』投げられますけど。
名前の通り肩が弱いんで試合でピッチャーはやったことないですけどバッティング練習で先輩相手に沈むストレート(ォィ)とさらに遅いこれとほとんどこれと変わらないスライダー(スライダーじゃねぇじゃん)で打ち取ってたこともありますけど…
今度ブログにでも写真と投げ方載せておきます。
【2005/05/26 22:14】 URL | 弱肩外野手 #HlYXEWHA[ 編集]

Webで平気ですよ
2~4日毎ぐらいでよければ、こっちにも書き込みますね。

右足であってます。ジェスチャーなら一発で『あー!』て言ってもらえると思うんですが。
松井が打つ瞬間右足の靴の外側の側面でゴリッと掘ってるのは俺は印象深いんですよね。
打つ前はショート方面に体重移動のベクトルを向けて打つ瞬間にセカンド方向に向ける。そうすると自然に武田さんの言う(長嶋もよく言ってた)コマのように体が円を書く感じになると思ってます。俺は(笑)

右だと左半身に体重を任せられないというか乗せられないで、体重移動せず腕だけで打つ形になっちゃうんですよね
こないだ武田さんは左いい感じで当たってましたけど、武田さんもどうですか?(笑)

俺はこれから方向性として
体重を絞って50M7秒ジャストに戻せたらなぁと思ってます。
現役の時は6、5秒はあったんですよ。
今のバッティングにもっと磨きをかけてイチローのスタンスで行けたらなぁと(笑)
ヒロスイングは封印で
どうっすか?
【2005/05/26 23:56】 URL | ヒロ #GpT49UKE[ 編集]

細かい話はまた今度で、言いたいことヒトツ。あたしゃー、中2のとき50m6秒7でした(笑)。
【2005/05/27 00:14】 URL | しぃせんたけだ #-[ 編集]

ヒロ氏に向けて単独枠で文章をたちあげたいところだけど、まだ許可を頂いてないのでこのコメント欄でのみとしましょう(笑)。

いくつか?とか!とか、あるのですが、まとめてやると収拾がつかなくなりそうなので、2,3・・・。

>打つ前はショート方面に体重移動のベクトルを向けて打つ瞬間にセカンド方向に向ける。

私はヒロ氏のスイングを見ている上でこの文章を読んでるのでその中から感じたことを書きますね。で、この考えはいいと思います。これで疑問点生じたらまた質問してみてください。スイングが分からないでこういう文を書いたら、いたずらに窮屈なスイングが想像できるのですが、ヒロ氏の左のスイングとこの考えはあってると思います。

>松井が打つ瞬間右足の靴の外側の側面でゴリッと掘ってるのは俺は印象深いんですよね。

問題はこれだ(笑)。連続写真、映像の見るポイントを大きく間違えてますね。こんなこと考えなくていいんです。なぜ、こんなところに目がいくようになったか知りたい。バッティングはバットを速く、きれいに、効率的に振るのが目的です。地面を掘るためではありません(笑)。この地面を掘ることでどのような効果がバッティングに現れると考えたか知りたいところですね。例えていうならゴルフのバンカーショットです。基本的なバンカーショットはボールの少し手前の砂に向けてサンドウェッジを「落とし」に行きます。これで「爆発」を起こし、その爆発力とサンドウェッジのロフトでボールを高く上げ、バンカーから脱出させます。その際、砂煙がおきますが、もちろん砂煙をおこさせるためにスイングをするわけではありません。ただひたすらにクラブを砂の地面に向けて「落とす」んです。ヒロ氏の「前の足で地面を掘る」って見かたは、このバンカーショットの砂煙のほうに目がいってる感があります。砂煙は、プレーヤーが意識することのない現象であります。前の足で地面を掘り、土が舞っているのもそういうことです。スパイクをはいて、適切なポジショニング、適切な体重移動で体の中心でコマのようにまわりスイングが出来れば実はだれでも前の足で地面を掘ることは出来るんです。もちろん、全くの無意識で。
【2005/06/01 22:07】 URL | しぃせんたけだ #IRHGKaLM[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/34-bab93cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。