しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コントロールを良くするには・・・その3

野球に限らず、スポーツのこういう技術事っていうのは意識的に行っている間は、まーだまだ、なわけで。ただ、練習ではもちろんだけど、本番の最中でも、こういうポイントを知っているのと知らないのとでは「多少なりとも」違うのかな、とも思いますね。まあ、状態がガッチャガチャになってたら、いくら修正ポイントが分かっていようとも体が言う事聞かないもんですが・・・。


その3・・・前回書いた目線を地面と平行にする、頭をぶらさないとかかわりがありますが、これは私なりに見つけた一つの方法。それは頭の移動軌跡を自分なりに作って・・・・つまりは、ぶらさない軌跡を空中に描く・・・そこの軌跡に自分の頭をはめ込むというもの。要は、結局は頭をぶらさないって話なんですが、より具体的にどうするかというもの。

リリース時、指先からキャッチャーミットまでボールの軌跡をイメージして投げるという方法はよく聞くかと思います。それと同様に、投球動作を始める時の頭の位置を始点として、リリース時の頭の位置(終点)をおおよそ決めて・・・・コントロールを良くするためだから、始点からほぼ一直線になるでしょう・・・線を描くんですね。

私の場合は、頭にワイヤーなり紐がついてるとイメージして、そのワイヤーは自分の頭上にあるレール(キャッチャー方向に伸びている)につながっているとイメージします。で、投球するにあたり、そのレールからずれないように体を動かしていくというわけです。

当然、沈み込み動作があるので、下方向には曲線を描くわけですが、左右のぶれというのは、このようなイメージを使ってなくすようにするわけです。


「両目を結んだ線を地面と平行にする」のと合わせて、この「頭の軌道」というのもイメージして投げることを行えば、そんなに極端に球がぶれるものでもないです・・・・より高いレベルでは分かりません。私もこれが出来たときはさほどぶれないものです・・・・が、アマチュアゆえ(言い訳)・・・なかなかこのポイントを忘れてしまうもので・・・・冒頭に書いたようにそもそも「意識的に行う」時点でまだまだなわけです。



ま、ともかくも、ひとつのポイントということで、これはかなり使えるのではないかと思い、披露(エラソー)した次第。といっても、何も私が一人で思いついたわけではなく、牛島前監督がクルーンのコントロールを直すにあたり、腕、頭が横にぶれる点を修正したって記事を読んだことを元にし、自分なりにアレンジを加えただけですんで・・・・その点はアシカラズ・・・・。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

初めまして新しくブログを始めました
すごくいろいろなことが書いてあって為になります
あとこのブログにリンク希望です
【2006/12/15 21:03】 URL | hitosuzi #r7EbL9Bc[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/243-45873b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。