しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コントロールを良くするには・・・その1

いくつか「万人に共通する」ポイントはあると思います。問題はそれらを覚えたところで実践できるかどうか。つまりは、体で覚えるかどうか。試合で無意識のうちに出来るかどうかということです。私はというと、ついつい試合どころか練習でも忘れてしまうという感じ。草野球だから仕方ない・・・・というのは言い訳にならずして・・・・それはともかく・・・・・。


ポイントの一つ。それは両目(顔)を(結んだ線を)水平に保つ努力をするという事です。スリークウォーターくらいだったら体がまっすぐ立つので比較的たやすいですが、極端なオーバースロー(野茂のような)や、アンダースローだと、顔をまっすぐに保つのはやや意識しないとできないもの。

別に完全に、厳密にまっすぐ、水平にならなくてもいいんです。又、投げるにあたっては「頚反射」といって、リリース時に顔、頭が横にぶれるという事が「勢いあるボールを投げるにあたってはある程度必要」になってきます。だから、一瞬だったら顔が横にぶれても、目線がキャッチャーミットから離れても構わない。それは、例えていうならば、人が生活の中で無意識のうちに行っているまばたきのようなものです。目をつぶったからといって、視界が一瞬暗くなった・・・という意識は持たないはずです。それと同じように、投げるにあたってリリースのほんの一瞬、顔が勢いよく横にぶれるのは構わないと、私は思います。


ただ、頚反射が必要だからといってそれに甘えてはいけないと思います。そこで必要になってくるのが、最初に書いた「両目を結んだ線を水平に保つ」という事です。私は少し前からこれに注意してますが、例えばハンカチ王子の斎藤投手はこの前の大会でバツグンの制球力を見せていましたが、顔はぶれるものの、腕は比較的上からふりおろされるものの、目線そのものは水平に近い感じで保たれていたと思います。


目線を水平に保つには、鏡で確認というのもいいですし、ビデオで確認、あるいは影を見て確認というのもいいですが、「アゴを意識して」やるというのがいいように思います。アゴが横・・・というか、斜めにぶれないように注意する。真横にぶれるなら構わないけど、斜めにぶれるというのはよくない。


まだいくつかポイントはありますが、又明日以降ということで・・。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/239-17facb71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。