しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私はもっと「サード・中畑」が見たかった (2)

 原はセカンドに入った。この年の巨人は確かに初々しかった。1番センター松本、2番ショート河埜。この打順が出来るまでは河埜が1番に入っていて、それなりに機能はしていたが特別に足が速いということもなく「そつのない」1番打者だった。その印象からだろうか、新たな1番打者、松本の存在が相当に光ることになった。個人的には盗塁もそうだが、左打席でのセーフティバントが印象に残ってる。その他にも元気モノ中畑や、2年目の静かな頼れる助っ人ホワイトが順調に機能している中、今一つ元気がなかったのが原だった。

 大卒の1年目で使われていたという事を考えると、まずまず仕事はこなしていたとは思うのだが当時のプロ野球の情報といえばまだまだ巨人が今以上に大半を占めた時代で、その情報の種類とて少なかった。イヤでも注目され、そしてそのルックスの良さがより期待をかけられたという面もあったのではなかろうか。他の選手が無難に仕事をこなす中、セカンドの原は沈んでいた。
 
 彼のポジションは基本的にサードであってセカンドはあまりこなしたことがなかった。しかし、巨人のサードは高田に代わりおととしくらいから中畑ががっちり居座っていた。この中畑の守備がいい。地味目の高田のキャラクターと正反対のピカピカ光る「サード・中畑」というのは、実はこれこそ新たなジャイアンツの一象徴だった。ちなみに中畑がプロ入り前からあこがれていたのは「サード・長嶋」だった。

 原がサードに行ったら中畑はどこをやればいいんだ?。かといって「逸材」の原を控えにしておくわけにもいかない。とりあえず「セカンド」を守ることになった・・・というのが実際であったろうと思う。もちろんキャンプ中に練習をし、ひととおりこなせるようにはなったのだが、守備範囲はお世辞にも広いとはいえず(これは後に分かることになる)エラーも結構あったように思う。あるいは、実際は大した事のないエラー数で、「巨人ゆえに、原ゆえにひとつのエラーが注目されていた」だけなのかもしれない。

 そんな中、サードの中畑がケガをした。長い間戦列を離れることとなった。これで原がサードに入ることになり、セカンドにはベンチで原に守備のアドバイスを送っていた「本職」の篠塚が入ることになった。篠塚は前年からもちょくちょく出場していて、そのときから打撃では美しいスイングを見せていた。自分は母親に聞いた記憶がある。「あの、左の・・あの人・・・いいんだけど・・出ないのかな?」といった聞きかただったと思う。背番号も名前も分からない、イメージだけしかない選手のことを小学校低学年で他人に伝えるのは至難の業だった。その選手はまさに篠塚だったのだ。

 このコンバートがコレ以上ないくらいにはまった。原は躍り始めた。セカンドの時には「全く」見られなかった「跳ねるタツノリ」がそこにはいた。ゴロを捕球し、大きく胸を張り全力で一塁に遠投する姿は実に画になった。中畑のサードに見慣れた巨人ファンにとっては実に新鮮な姿だった。又、それは「背番号8」がサードに戻ってきた瞬間でもあった。高田は後年サードを守り晩年は中畑に譲ったものの、背番号8がサードにあるというその画は少しではあるが巨人ファンにとってノスタルジーを感じさせるものであった。原はポイントとなるところで好フィールディングを続出させたように思う。そして、原のサードを決定づけたようなプレーがあった。ファール気味に3塁線上に飛んだライナーを絶妙のタイミングで大きく横っ飛びしてダイビングキャッチを決めたのだ。翌日のすべてのスポーツ新聞で原のダイビングキャッチの写真が大きく掲載された。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/18-f7717591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。