しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


張本初ヒット!!

11月3日のマスターズリーグの試合で、張本氏がマスターズリーグ5年目にして初ヒットを打ちました。対戦投手は元オリックス・阪神の星野。打たせるべくの100キロちょっとの「棒球」を放り、それを見事にセカンドの頭を超えて(←これ注目)のヒットを放ったというわけです。

この映像は、おそらく明日午前中ののTBSの「喝だ!あっぱれ!」で放映されるでしょう。ぜひごらんください。

張本氏は今年65歳。マスターズリーグを見ると分かりますが、年齢が上がるとバットは振れても、下半身、膝が使えないから緩急がついたピッチングに対してついていけなくなります。で、今回のヒットでも、打たせるべく星野氏が放った真ん中寄りのアウトコース、腰の高さのゆるめのストレートを打ったという状況はあります。

ちなみに、マスターズリーグは「年齢に関わらず」いい動きを見せる選手がたくさんいます。恵まれた素質と共に個人の日ごろの身体の手入れがそこに垣間見えて勉強、そして「刺激」になります。そしてマスターズリーグは基本的に「セレクション」を通ってる選手の集まり(有名、高齢選手は除く)ですから、見せてるプレーはレベルが高いです。ところでこれは、張本氏が日頃身体の手入れをしていないだろう、という事を言いたいのではありません(笑。最近は毎日1時間ほど歩いているそうで10キロほどヤセタとか)。

さて、今回の初ヒットですが、これはなかなかのものです。まず注目してもらいたいのが「打球音」。見事にバットの芯に当たったのもあって、実に鋭い打球音です。1,2塁間をゆるいゴロで抜いたという当たりではなく、セカンドの頭を超えていったのです。打たれた瞬間は星野氏も少し驚いた顔をしていました(注目)。そして次に注目してもらいたいのが、バッティングそのもの。無駄のない、いいフォームなんですよ。録画をおすすめします。そしてコマ送りでインパクト時、その次のコマあたりのフォームを見ると、これは現役選手のそれと変わらないんですよ。美しいんです。

張本氏のバッティングというのは、独特で、立てて構えたバットを打つにあたりキャッチャー方向に倒す(バットヘッドがキャッチャー方向に行く)んです。いわばヘッドが落ちるわけです。で、後ろに倒したバットの状態でほんのわずかの「間」をつくり、来る球に合わせて微調整。そして真後ろからバットをぐいーって上体、全身の力(これを豊田泰光氏は「臍(ヘソ)力」と呼んでます)で引っ張ってきて、ボールとバットを正面衝突させるという打ち方が張本氏のバッティングです。

来るボールの真後ろにバットを持ってきて調整するような打ち方が確実性を生み、3000本安打につながったのかもしれませんが、実はこのバッティングは、張本氏が子供の頃右手をヤケドして不自由になったところから来ているのだと思います。左打者の右手はグリップエンドを押さえる役目がありますが、おそらくはこれが出来ないのでしょう。それゆえ、早々にバットを倒してしまうバッティングになっているのだと思います。

やってみれば分かりますが、これは力をロスする打ち方です。ところが張本氏といえば、現役時代は安打製造機というのと同時にパワーヒッターという顔も持ってました(通算504本塁打)。恵まれた体格もあるでしょうが、氏自身の研鑚のたまものと言えるかと思います。

さて、マスターズリーグで見せた初ヒット、現役時代のそのフォームそのままであります。もちろん可動域は狭まってるし、スイングスピードも衰えてますが、張本氏自身のバッティングのポイントはきちーんと押さえた「練れた」フォームがそこにはありました。そして、打席での真剣な顔つき、ここにも注目です。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

こんばんは。
「マスターズリーグ」リポーターの
岡田紀子です。

今年も、白熱した試合を期待して下さい!
そしてベンチの中もご注目を。
村田兆治投手と尾崎行雄投手の2ショット、
川藤選手のやんちゃ?ぶり、
大野豊投手と達川捕手の
ゴールデンバッテリー復活…など。

往年のファンにはたまりません。
ちょっぴり「おじさま」になった皆さんですが、
その素顔は「野球少年」だと感じます。

TBさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

【2005/11/08 20:21】 URL | 岡田紀子 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/160-8224660c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。