しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私はもっと「サード・中畑」が見たかった (5)

 中畑は1989年に引退するまで結局ほとんどファーストを守ることになる。それでも原がケガした時などは中畑がサードに回るなんてことは多々あった。そんなとき実況、解説でもしばしば「やはりサードで
の中畑は生き生きしてますねえ」などと言っていたように思う。原のサードに慣れたころ、中畑のサードというのは、又、新鮮に映った。「やっぱりこれだよなあ」って思ったものだ。原はスローイング時のステップ等で少しムダな動きが多い選手だった。もちろんそれは時間的余裕があるがゆえ許される動きではあるのだが、たとえば毎年ゴールデングラブ賞をとっていた掛布のそれと比較するとその動きは冗長とさえ感じられることもあった。中畑は躍動感では原には劣るものの、それはあまりムダなステップがないからだとも言え、オーバースロー気味の原のスローイングと違ってスナップスロー気味の中畑のそれは、又、「かっこよかった」。

 中畑の捕球の仕方はぐいっと体の近くに引き寄せる方法だと思う。これは彼があこがれていたという長嶋のやり方に近いのではないか。体の前で捕球するやり方と違って、体の近く、胴体の真下近くまで球を引き寄せなおかつそれを目で追えば顔は自分の体のほうに向ける。キャッチャー方向からこのサードの選手を見ると、頭頂部に加え、後頭部まで少し見えるのだ。長嶋の写真で随分そんなものを見かけることが出来ると思う。このような特徴に加え、原と比べると大きなスタンスでやや外股でサードの守備をこなす中畑のサードに自分は妙な泥臭さというか親しみを感じていた。

 江川がカーブと速球で相手バッターを3人でしめ、松本のセーフティバントで始まる80年代前半の巨人の野球は楽しかった。そしてそれは原がサードに入り、篠塚がセカンドに入り、中畑がファーストにまわり、山本が控えにまわることで生まれたといっても過言ではない。しかし、それ以降たまに見る中畑のサードの守備は自分から言わせれば「ファーストの比ではなかった」。自分はもっと「サード・中畑」が見たかった。(完)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして.naggyと申します.
私は1972年生まれ,東京に生まれ育った者です.
野球と巨人はちょうどこの1981年から興味を持ち始め,その最初の年に優勝したことが今でも私の記憶の中に鮮明に残っています.その後ももっと強かった年もあったけど,やはり「一番最初」というのは格別な思い入れがあります.
今となってはもう20年以上前ですし,手元には当時の記録もほとんどなく,「記録室」が大好きな私も色々な資料を集めることを諦めかけていましたが,最近になってNumberからビデオが出たので即買ってからまたその熱が上がってきました.
たまたま「1981年の巨人」というキーワードで検索したらこちらがヒットしたので見に来たのですが,素晴らしい記憶力!感動してしまいました.また私が感じていたこと(サードはやはり中畑,加藤初への言及,江川・篠塚・原への高評価)とほとんど同じなので,読みながらずっと頷くばかりでした.プロフィールを拝見したら私より2歳お若いようですから,小学校1年の出来事をよくここまで覚えていらっしゃいますね.いやーほんとに感動しましたよ.
ところでもしご存知でしたら教えていただきたいのですが,この年優勝した後に一年間の巨人軍をフラッシュバックした雑誌(A4より大きいサイズ.昔のオリコンのような大きさと厚さ?)が出版されています.数試合をピックアップして解説が入っていたり,様々な角度から記録が分析されていたりしています.私も持っていたのですが不覚にもずっと前に捨ててしまい,タイトルも出版社も覚えていません.もう一度死ぬ前(笑)に見てみたいのですが,誰も知っている人もいないし,情報も少ないから検索にも引っかかりません.ご存知ですか?
長文で大変失礼しました.
【2005/10/01 17:46】 URL | naggy #W9Ona2v.[ 編集]

 思いもよらない感想を頂き、うれしい限りです。書いた甲斐があったってなもんです(笑)。この文を書き、アップしたのは2ちゃんねるだったのですが、まぁ、叩かれた叩かれた・・・。

 まず質問の話を。そのムック、ゼーンゼン分かりません。ただのグラビア的雑誌ではないようですね。数試合をピックアップ、ブンセキってなると興味がわきますが、残念ながら古本屋でさえ見かけた記憶がありません。お力になれず申し訳ありませんが、他をおあたりください・・・・。


 本文についての話を。そうですよね!中畑はサードですよね!!じゃあ原はどこに行くんだってなればやっぱりサードだし(レフトなんてありえない)、そうなるとやはりあの当時では中畑がファーストに行くのはベストだったのかな?なんて思います。
 篠塚が出たときの衝撃って当時見てない人にどう伝えればいいですかね?でも言葉としては衝撃っていう強いものでもないんだな・・。いつのまにかそこにいて(といっても原コンバートがきっかけなんだけど)いつのまにかシャープな打撃を披露して、華麗な守備を見せた。当時一番ワクワクする打者だったと記憶してます。だってあの流し打ちの見事なことといったら・・・。
 
 私は一番古い時代のプロ野球の記憶は長嶋監督の最後の年あたりからですね。巨人が5位でした。割りとこの当時の記憶があるのは報知新聞を家でとってたというのも大きいと思います。ゆえに王、柴田、高田の現役も記憶がありますよ。といってもどんなプレーをしていたかなんて記憶はありませんが。ただ王さんはさすがに記憶ありますね。友達と野球遊びをしていたとき「王!」とかいって一本足を真似した記憶ありますから。今だったら「種田!!」とかいってフォームを真似するようなもんですね(笑)

 ゆえに、1981年から興味を覚えたというnaggyさんよりも記憶の点では有利なのかもしれません。ただ記憶はもちろんあるのですが、それ以後も無意識に見聞きした情報等で記憶を補ってきたというのがデカイかもしれません。この文を書くにあたりネット情報も利用しましたしね。ただ、当時覚えた印象、その後現在に至るまで抱いている当時の「藤田巨人」に対する思いは本文にあるとおりです。思いはほぼ全て本文に書き尽くしました(笑)。

 つたないサイトではありますが、今後もよろしければお越しくださいませ。
【2005/10/01 22:31】 URL | しぃせんたけだ #IRHGKaLM[ 編集]

なるほど,報知新聞だと色々な記事が載っているわけですね.我が家は産経だったもので...

雑誌の件はやはりご存知ありませんでしたか.出版社がわからないので探しようもなく,ネット上でも見つけられませんでしたので,一体どこで自分が入手したのだろうか?という気にもなります.

原はやはり「アイドル」だったんですよね.悪い意味で言っているのではなく,同じ躍動感でも中畑のそれとは異質なものだった.「中畑」は「サード」なのですが,では「サード」は「中畑」なのか?というとそうではなく,「原」も立派な「サード」だったのでしょう.総合的には中畑の方が守備力が上だったので(セカンドとファーストの違いはあるけど),結果的に中畑のケガが80年代前半の巨人内野陣を造り上げた,というのは決して過言ではありません.
原のサードと中畑のサードは,江川と西本の関係にも似ているような気がします.お互いピッチャーだが,王道を走ってきた江川と,積み上げてきた西本.ピッチャーはレギュラー争いをする必要がないので両立したというのが違いでしょうか.

私も一番好きなのは篠塚でした.後になって新井宏昌,イチローらが評価されたのも,篠塚の成功が一役買っていると勝手に思っています.しかし知らない人に伝えるのは難しいですね.かなり個人的な感情・感動が入っていますし.何しろ,中畑が怪我して篠塚がスタメンになった最初の試合でいきなり5打数5安打をマークしたわけですから...というのは曖昧な記憶で,どうも間違っているらしいのですが,もう自分にはそうやってインプットされてしまっている(笑).

しかし81年は投打の歯車が完全に合っていたと思います.打率,本塁打は共に3位ながら圧倒的な投手力で優勝したわけですが,個人的には決して投手力におんぶに抱っこだったとは思っていません.それは解説してくださっているとおりの活躍があったからですが.
うーむ,書けば書くほど「あの雑誌」が欲しくなってきてしまった...また他のストーリーも読ませていただきます.
ありがとうございました.
【2005/10/01 23:23】 URL | naggy #W9Ona2v.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/15-34b2e22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。