しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クルーンに牛島監督が伝えたアドバイス。

大きなケガ等もあり、アメリカでは未だ才能を発揮しきれずにいたクルーンをベイスターズが獲得するにあたり、GOサインを出したのは牛島監督である。それまでの映像を見た牛島監督が感じたのは「欠点はあるが、これは比較的容易に矯正できうるもので、ここを直すことで課題のコントロールもよくなるはずだ」ということだったらしい。

その修正ポイントというのは何だったのか?以前MLB主義というTBS夜中にやっている番組で牛島監督がゲスト出演したときに、そのポイントについて触れていた。

「リリースするにあたり、首が横振りになってるから腕も横振りになってリリースポイントが安定しない。だからこの首の動きというものを安定させていけば腕の振りも一定化し、リリースポイントも安定する。コントロールもよくなる」ということだった。


個人的話になるが、自分もコントロールが大分悪くて(草野球だけど)どうしたものかと思っていたときにこれを知り、結構助かった(現在形でもある)。「動画コーナー」で今(「カーブ」「ランダム」)の映像と以前のシャドーなんかを見比べてみるとその違いが分かると思う。これは意識して今は修正している。いくつかコントロールを良くすべく、チェックポイントというのがあって、その一つに首の動きというのが牛島監督のアドバイスを知って以来加わった。

ただ首、顔というのはまっすぐに固定していればいいかというとそんなことはない。以前、「野球感性」を持っていない漫画家が描いた画の野球漫画(どんな漫画なんかは忘れたし、まともに読んでもいない)に、顔がまっすぐになって投げているピッチャーの画があったが、これはあまり考えにくいフォームなのだ。

リリースするにあたり瞬間的に首が投げる方向に回転するような動きというものがある。この動きは球を投げるにあたり、体の動きに勢いをつくってくれる。「ジャイロ本」で有名になった手塚一志氏の本ではこれを「頚反射」と紹介している(手塚氏の造語かどうかは知らない)。この首の動きを多少強引に文字で紹介すると、「右投手の場合、投げる前は左目でミットを見、リリース時付近では両目で見、リリース後は右目で見る」という感じである。

ちなみに自分の場合この動きのせいか、トレーニング、練習、試合等でたくさん投げたときは首も筋肉痛になる。あるいはやっぱり今でも首が動き過ぎだから筋肉痛になってるってだけなのかもしれないが。

コントロールを良くするには、首、顔の動かし方というのもポイントになるということ。巨人の岡島がやっているのはやっぱり動かしすぎだとは思うが、気持ちは分かる(プロの選手に対してエラソー)。ミットから目を離すか離さないか、というくらいに首を、横振りし過ぎないくらいに動かすなんて事を考える、というのは大事だと思う。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/129-ec67d7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。