しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日練習試合、今日壁当て。

やめようかとも思ったが、先週末の練習以来ボールを握って投げてないので軽めにやってきた。すこーし肘張ってるけど(笑)。まぁ、ヘーキですわ。投げこみMAXの場合は肩がユルクなるってところまでいってしまう。

で、今日夕方公園いったら団体使用はなし。壁の前にも使ってる人はなし。よーし、パッパッと体あっためて帰ろう・・・と始めて10数分、小学校低学年くらいの男の子が壁の前(私の斜め前)に。ボールを投げる・・・いや、投げたのはなんと石。ん?なんだ?・・・・いや、これは別に難しい話でもなんでもなくてこのグランドに遊びにきたみたい。で、何も持ってくるでなく近くにあった石を壁に投げる・・・ってな具合だったのだろう。

せっかくなんでお誘い致した(笑)。グラブも持ってなかったので彼には思いっきり投げてもらい、自分がユルク返すなんて具合。子どもはどの程度投げさせればいいのだろう、何気にコワイもんだ。まぁ、自分が子どものときは2,3時間くらい壁当てやってた記憶もあるけど(笑)。

彼、全体的にバックスイングが小さい。バックスイングが小さいから前の腕が出てこない。肘も低い。ただボールはまーまー。聞けば一応少年野球はやっているのだと。だから肘を高く、とはアドバイスした。後ろ足にじっくり体重を乗せてって事も言ったがこれはいまいち伝わらなかった(笑)。

同じグランドにユニフォームと野球帽をかぶったおじさんがいた。このグランドをよく使ってる少年野球のチームのユニフォームだ。おそらく直前までこのグランドを使っていたのだろう。自分と相手していた子もこのチームらしい。ボールをそらしてこのオジさんのほうまでボールがいったとき、おじさんが何事か言っていた。「よーく教えてもらえ、ハハハ」・・・ウンウン、こーゆー光景よくあるアル。で、又なんか言ってた。今度はアドバイスだ。「ボールを前で放せ」・・・・このアドバイスはよくないよぉ?。バックスイングが小さいところで前でボールを放すっちゃー、よくない。うーん、このチームの練習風景、割りと見るんだけど、あんま内容よくないんだよなぁ(苦笑)。ただ和気アイアイとして楽しそうではあるんだけど。

ま、それはともかく、しばらくすると彼の友達が参戦。で、ここでたかーいフライを捕るって事をやった。子ども相手に高?いフライは喜ばれる。やる側としては捕り損ねて顔面痛打ってのがコワイのだけど(しかもグラブは自分の「大きいグラブ」を貸している)、そんな事言ってたらなんにもできなくなる。様子を見ながらたかーいフライを投げあげる。

ちなみに一般の人相手にはアンダースローで投げてキャッチボールすると割りと喜ばれる(笑)。

で、高いフライ、二人とも捕れない。ま、見たこともない位の高さを投げてるから仕方ない。そこでアドバイス。二人とも最初っからグラブを上げてフライを追ってたから、「ボールが来たらグラブを上げて捕球」と伝えた。最初は少し低めのフライでグラブの使い方(縦に使う)も合わせて教える。

すると後から来た友達のほうが先に捕れるようになった。この子、投げるボールにしても最初の彼よりもいい球を投げる。悪いが、センスがこっちの彼のほうが上だ。最初の彼は「グラブを下げてボールを追って」と言ってもフライが上がるとグラブを条件反射的に上げてしまう。うーん、よくみるなぁ、こういう光景も(笑)。そこで最初に後ろに両手を組んでボールを追うように、と伝えた。多少追い方が良くなったが捕れない。ボールとの距離感がよくない。これがセンスの違いか。

高?いフライ、後から来た友達のほうは完璧に捕れるようになった。最初の彼は結局捕れる様にはならなかった。ま、だいぶ良くはなったんだけど。難しいもんだねえ。

後から来た子は野球はやってないとのこと。「ふーん、もったいないねぇ」と自分が言うと「へへ、なんで?みんなもったいないって言うよ」と答えられた。ちょっと目覚めさせられちゃった回答ナリ。そりゃそうだ。何やったっていいんだ。彼は運動神経いいから、他のスポーツだっていいだろう。そのほうが合ってるかもしれない。ちょっと勉強になりやした。


3人でキャッキャキャッキャ遊んでると、後から来た彼の妹が「ねー、もー5時だよー、かえろー」と来た。「わたしもやりたーい」とか、自分に対して「あの時計何時?」とか聞いてきたり、場はさらにアットホームに?(笑)。

そんなこんなで小1時間、遊んできましたよって話です。明日は府中で試合だす。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://simeji74.blog8.fc2.com/tb.php/108-d974b771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。