しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


な?んか、久々にわりとショックな訃報がいくつか・・・

一人は岡田眞澄氏。まだ、若いよね?。病だったとは。この人、若い時はほんときれ???????????????な顔してて、今は今ですごく貫禄があって、それでいてジョーダンが利いて、やわらかい番組もいろいろ出てて(生活の為にバラエティにも出ていたかどうかはソンナノ知らない)、最近でのヒットは私は見てなかったけど、サルヂエのあのキャラか。

若い時の顔、横顔なんてのは白黒写真ってのも影響しているかもしれないけど、ほんとに見ているこっちが息を飲むといった美しさがあった。ただ、一方ではひょろりとしててカヨワイ感じもあるんだけど、それがそれが、年を召してしっかりと貫禄が出てきて(太ったからトカそんなもんじゃなくて)、ああ、いい感じに年齢って重ねられるんだなあって(あくまで私の主観だけど)、割りとつい最近も感じたもんだから、今回のこの訃報は久々にショッキングナモノデシタヨ。


先代井筒親方が亡くなられたらしい。元寺尾・現シコロ山親方、元逆鉾・現井筒親方のお父さん。自分の場合、今でも「井筒親方」って聞くとこの先代井筒親方が先に頭に浮かぶ。もちろん現役時代は知らないのだが、寺尾、逆鉾が現役時代、彼らがクローズアップされるといつもそばに先代井筒親方が映っていた、そんな印象がアリマスネ。ぶす?っとしてて、インタビューにもボツボツと答える。といって、全くしゃべらないって感じでもなく、といってハジケテルって感じは全くない。

なんでも予科連入隊の最後の年代らしく、いわば軍隊仕込みのモノがあるらしい。シコロ山親方曰く「反抗期の時期はつぶされた」との事。反抗なんてとても出来る存在ではなかった、圧倒的な存在感だったというのだ。物事、なんでもtoo muchではいけないと思うが、そういう意味ではあまりに軟弱な父親になってしまうってのもtoo muchではある。多少なりとも先代井筒親方の雰囲気というか、そういうのを頭の片隅においておくってのも、男としてはいいんではないかと思うのでアリマス(ちょっとマジメ)。


もう一人は米原麻里氏。この人はロシア語通訳、翻訳の人なんだけど、その関連でロシア関連のエッセイ、文章が多く、又、様々な分野でコメンテーターとかをされてた人。まあ、正直私自身はこの人の文章をがっちり読みまくったわけじゃあないけど、私自身が勝手に感じていたのは割りとバランス感覚の取れてた人ではないかと。ともすれば、西洋の話題というとアメリカだとか西欧に関連した事ばかりになってしまいがちの中、この人の存在はすごく貴重だったんではないかと、これまた主観デスガ、思うわけです。



まぁ、そりゃー、こっちだって生きてるんだから、一方ではいろんな人が亡くなるわけですわな。なんとも言えない気分。

改めましてご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


平野の守備は理性よりも本能でボールを捕っているような気がする

これは、我が多摩球友会のリーダー(って言ったって私より10コ以上下なんだけど。笑)であるバナザード氏(自分のブログでは十一(じゅういち)というウェブネーム)がブログで書いた一文。けだし名文句だと思う。この文読んで、思わずうなった(笑)。

先ごろ、死んでもおかしくない衝突事故をおこしたオリックスの平野恵一だが(あれで首折ってないのは奇跡的だと思う)、確かにふわーっとした小フライを追っていくときのその追い方や、一二塁間を抜けるゴロに走っていくその様は確かに理詰めでやってるというよりは、動物的とでも言ったほうがより合っているような気がする。横浜の金城が打撃でそれを見せるのに対して、平野は守備で見せるというわけだ。

いずれ復帰するだろうから、それから先は平野恵の守備をそういう観点で見てみようかと思っているところ。


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ


とある本で読んだ話だけど・・・

「私は、自分で言うのもなんだけど、真面目だし、家の中の事もきちっとやる。もちろん掃除、洗濯、料理、ちゃんとするわ。かといって、カタブツってわけでもないと思うの。お酒は好きだけど、決して深酒しないし、たばこは吸わない。これまでの恋愛でも浮気などただの一度だってないわ」
「ほう、理想的な女性だねえ」
「でもね、ちょっとだけうそつきなの」

↑このジョーク好きでネエ・・・(笑)

「とある本」っていうのは『ふらんす小ばなし(口ヘンに出)大全』。元の文はもっとシンプルで短いのですが、少しだけアタクシメがアレンジをさせていただきました。いわゆるフランスジョーク集。ドーシヨーもない話、下品な話も多いのですが、こういうシャレタ(と私は思う)話も結構載ってて、たまに気晴らしに読むにはなかなかいいかと思います。





でも、「ちょっとだけうそつき」ってのは始末に終えないでしょうな(笑)。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛


未だ北社長と遭遇せず。

もういいやぁ?(笑)。ぶっちゃけていうと、テレビショッピングってあんまり好きじゃないし。タレントさんがヨイショしてるやつはあんまり好きじゃないのであります。ジャパネットたかたの、社長が一人でやってるのはそういう意味ではさっぱりしてて好きですけどね。

今日11時?12時のアクセス数が100超え。東京地方では番組があったわけじゃないようだから、どこか他の地域であったのかな?それとも、何か北社長の話題がこの時間とりあげられた?


華丸は漫才も面白い。私はモノマネが話題になる前からたまたまCSで華丸・大吉の漫才を見ていたので関東の人間にしては比較的早く華丸を知っていたほうだと思う。ヤフーの動画に華丸・大吉の漫才があるので、ヤフープレミアム会員の人はごらんあれ。

ちなみに私は「そのとおり!」ってのが児玉清さんの好きなフレーズです。これ華丸やってくれないかなあ・・・。

検索して情報探っていたら、華丸はばってん荒川のモノマネも出来るとか。みたいぃ?。まだ見たことないぃ?、見たいぃ?。でも、あの人を「面白く、上手に」モノマネするって想像つかないなあ。

以前は関東にもちょくちょくばってん荒川さんはテレビとかで見たんだけど、最近はとんとごぶさた。自分もあまりクリアにイメージできなくなった。どうしても吉本新喜劇の「こんにちは、どなたですか、・・・・ありがとう」の人を想像してしまう(名前ど忘れ)。


細かすぎて・・・の話題ばっかしだから、次に久々に野球の話をすべかな。ボーリックの動画をアップするとか(ただし、3倍モードで録画した映像を14型テレビで映して、それを画面の上から直接数十万画素のデジカメで撮影した映像)。

テーマ:笑える動画 - ジャンル:お笑い


わかりませぇ?んさん、惜しい!

パスワード、それでほぼ合ってるのにぃ!(苦笑)。ほぼ合ってたのでコメント削除させてもらいました(笑)。

今調べた結果、一人DL成功しているようですね。おめでとうございます。

「トーカ堂 北社長」での検索のアクセス数がすごいです(笑)。1日平均アクセス数30ほどのしょぼいHPが、今日だけで178・・・。

テレビ東京いくつか録画してみましたが、いまだ出会えていません。ま、気長に待つことにします。

動画をDLさせてもらった先で、どうやらリンク切れとなってたようです。となると・・・ウチでパスワードの意地悪しないでしっかりと公開しないといけないのかしらん?このあたりは少し様子を見て考えさせてもらいます。

私が勘違いしていて、DL先では「第1回」もあったんですね。その2とかその3とか書いてあって、その1がなかったからてっきりないものだとばかり。まあ、これは放送を見られたし、私が好きな「トキワ荘に帰ってきた手塚先生」のネタはさらに他のサイトで見られるようなのでヨシとしましょう(?)。

今、パスワードを見つけるべく試しに検索かけてみましたが、・・・あん?・・・余裕で見つかるじゃん。なんだなんだ・・・・んなわけでパスワード公開は差し控えさせていただきますヨン。もしパスワード分かった方、いてもここで公開するのはやめてくださいね。公開が分かった時点でパス又変えます。一応殺到回避の目的もあるので。

意外にこういうふうに手順をいくつか踏むだけで、殺到、負担ってのはだいぶおさまるらしいんで、しばらくこの形で続けさせてもらいます。よろしゅう。

テーマ:笑える動画 - ジャンル:お笑い


小坂の2003年当時のショートの守備の「映像を撮影」してみました。

ふと、遊び心でやってみて意外なほど好結果になるなんてことはあるもので、今回の「映像を撮影」というのもまさにそのひとつ。

私のPCはビデオキャプチャーなるものを備えておらず、もちろん、PCでテレビを見る事など出来ない。PC自体がしょぼくて、これでDVDを見ると映像がカクカクするという具合。今でもテレビは普通のテレビ(現役生活13年目。14型・モノラル・マルマン製)で、録画はビデオデッキである。金がないのもあるが、これら全て買いかえるつもりもない(笑)。

2002年、2003年頃、しばしば試合を録画していた。内容がないのはもちろん消しているが、好プレーが含まれているもの、参考になるプレーが含まれているものは残してある。内容を書いたシールは貼ったり貼らなかったり(笑)。そういうテープが結構あり、又、あとで見返す時間ってそうそうないので今は試合の録画はあまりしていない(昨日のジョニーの2軍戦の試合は久々に録画した)。

今日、適当に一つのビデオテープを取りだし、整理と確認を兼ねてバーッと見ていたら「今となっては貴重な」(涙)小坂のショートの好プレーがあった。

いつも自分のフォームを撮影しているデジカメ(1秒13コマ)で、録画映像を撮影してみたらどんなもんだべ?と、思った。期待はあまりしていない。デジカメの性能、画質はよく分かっている。動画の画素は30万とか50万とかそんなもんだと思う。

あら?、びっくり。意外なほどよく撮れてるわっと! もちろん画質は粗いし、全然キレイじゃない。でも「参考にする」には十分なレベル。しかも映像に昭和チックな味まで加わった(笑)。ファイルサイズも軽い。ん?なわけで・・・・

こちらをクリックして、ヤフーブリーフケースを開いてください。「kosaka extr」をクリックするとそれぞれ映像がダウンロードされます。AVIファイルなので、クイックタイムプレーヤーを使うのをおすすめします。ファイル対応さえしていればそのままクリックでメディアプレーヤーで見ることも出来るでしょう。

さて、この映像でプレーの判別は出来ると思うが、どうだろうか?

これは2003年の映像。対戦相手は近鉄バファローズ。ピッチャーはこの当時まだ中継ぎになってない薮田。打席に立ってるのは星野おさむ。映像内で解説をしているのは黒江透修(ゆきのぶ)さん。このプレーで参考にすべきところは、姿勢の低さ、捕球体勢の形、そして体勢の中において、どの位置で捕球しているのかという点か。

人工芝上の速い低いゴロに対し、可能な限り最短距離で、しかもかなりのスピードで走りながらも、低い姿勢を作り、体の前面(いつも捕球する角度、位置)で打球をさばいているのが秀逸だと思う。私の目にはかなり難しめのプレーに見えるが、小坂はそんな事を感じさせず静かな動きで簡単そうにさばいている。マリーンズ自体の「ショート・小坂」はしばしばこういうプレーを見せてくれた。マリーンズファンはみんな知ってる。もちろん今も出来るだろう。セカンドはセカンドの難しさがあり、セカンドのほうが難しいポジションだとも言えるが、私は小坂はショートのほうが映えると思う。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


とりあえず、最新のピッチングフォームの連続写真を作ってみました。




解説は後ほどってことで。上の写真の右下にあるフォームはカーブのリリース時のヒトコマです。丁度手の角度、手の甲が前を向いている感じの「宜野座式」(あるいは星野伸之式)の手の使いかたが分かるかと思って貼っておきました。

一つだけポイントを解説すると、リリース前のグラブ側の腕の使い方ですね。投げる前に大きくグラブ側の腕を上げることは、壁をつくることにもなり、又、ボールの出所も見づらくなるという、何気ないけど大きな所(と私は考える)であります。これは意図してやってる動きです。

じゃ、のちほど(いつだろー?)。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。