しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎日チェックはしてます・・・

でも、なんとも時間がとりづらくて・・・。コメント書きこみ感謝感謝です。レスもまとめてあとで・・・2,3日後くらいにはなんとか・・。

合間合間見て書け!って話ですけど、アタクシ、どうにも頭の切り換えが下手なんです。例えばA,B,C、3つの仕事があるとして、各30分ずつ要するとします。計算上は90分で終わるはずですが、ワタシは頭が弱くて・・・、それ以上かかってしまうのです。ある程度まとめてわっとやりたいほうなのですが、これに加えて飽きっぽいってのもあって、なかなかうまくいかない毎日です・・・人間としてダメですね(笑)。

入れ物が用をなすのは、空間があるからだ、って考えもあるわけで、空間、空きというものが有用になると、例えば、部屋にしたって足の踏み場もないんじゃ部屋の用をなさないわけで、なにも置いてないスペースが相当量あってこそ部屋の用をなす・・・・などという考えも「大いに」なりたつわけです。

だからワタシが書きこみをしないときってのも大いに意味があるわけです(笑)。

以上、いいわけです(笑)。


この土日で推定ですが200球以上投げこんできました。これだけ投げこむと肩の中のほうまで疲労するので投げこんだカイがあるってなもんです。投げこみの意味ってのを見出せるってなもんです。すこーし肩がゆるくなる感じがするんですよね。肩の中の小さい筋肉とかが疲労しているからか、重いものを持ったときなんかに肩が抜ける感じがあります。もちろん本当に抜けはしないのですが、まぁ、ルースショルダーってわけでもなくて・・・これは野球経験者なら分かってくれるのでは?とも思いますが、いかがでしょうか?

じゃ、又。毎日チェックはしてます。コメントはどうぞどしどしお書きくださいませ。レスは必ずします。ただ遅れることがしばしばありますのでご了承ください(^^)v。
スポンサーサイト

4,50分投げ込み

近くに蚕糸の森公園ってのがあって、ここに大き目のコンクリの壁がある。横幅10mほど、高さが4mほどとまさに壁当てにはうってつけの壁である。ただ、それゆえ人気もあって(笑)、テニスの壁当てとかサッカーの壁当てとかしている人をしばしば見かける。日曜はたいがい午後5時くらいまで少年野球チームが使用していて(もっとちゃんと指導してあげたほうが・・・とヒソカに思ってる)、壁当てをするのはそれ以降となる。今日は仕事もあったが、まぁ、5時前には帰宅できてメシを食ったあと6時20分ころに公園に行った。今日は幸い壁を使っていたのは小さい子供とお父さんが壁の周辺で遊んでたかんじだったので左半分を使わせてもらった。じきにいなくなり(オレが追いやったとは思えないが・・)今日はずっと独占できた。といっても右半分はあけて使ってたけど・・・やっぱり半分使用ってのは他人にとっては入りづらいかな。ま、いいや。使えないことも多いので今日はノビノビとたくさん投げさせてもらった。

日も高いし、まだまだ明るいと感じていたが、肘に少し痛みを感じふと腕時計に目をやると19時10分!!その間延々と投げてた。投げては、壁に当たり跳ねかえったボールを拾い、又投げる・・・小学校の時から好きだった遊びだ(笑)。今もこれを楽しめる自分がいる。だれもがこれを楽しめるわけではないのだから、これは自分に合ってるのだなあと改めて思う。又、そういう資質が自分にあるのだなあと感じる。

延々といっても遠投をしたり軽く投げたり、跳ねかえったボールをそらしたり、なんてこともあるわけだから「間断なく」というわけではないが、平均にならすと大体20秒に1球は投げていたと思う。40分ちょっと投げてたから120球以上は投げたと思う。

壁当てだと分からない自分の球筋ってのが多々ある。だから壁当てにおける自分の目で見た自分の球筋をそのまま信じるってわけにもいかないが、今日の感じだとフォークは使えるね!!(笑)。OKチェンジアップも試した。いい感じでスピードが殺せる。ただコントロールが効かない。うまくいくといいチェンジオブベースになる。

今日のメインテーマはシュート。まぁまぁ、シュートの変化はしていると思うのだが、自分の目から見た感じだとえぐい変化はしてないようだ。でもキャッチボール等では自分では「マッスグ」と思った球が「シュート回転している」なんて指摘を受けることもあるのでこれは出来るだけ早く他人の目での判断を知りたいなあと思ってるところ。シュートは難しい。コントロールも「わからない」ってのが本音。

他にカーブも試している。メインはドロップ系の縦カーブ。思いきって手首を曲げて縦回転をかけるのがポイント。手の平は一塁側を向く感じになる。手首を曲げないと横カーブになる。これは握りがポイントで親指と人差し指中指の2本の指で力を拮抗させるカネヤン式である。

文章でこれを説明するのは難しいがあえてチャレンジしよう(笑)。カーブの握りをして手の平を自分に向けて欲しい(以下、右利きの場合)。親指で←の力を与えるとしたら人差し指中指で←の力をボールに与えて握るわけだ。ボールを時計に例えると指をいずれも9時の方向に力を加えるという言いかたも出来ると思う。この力の拮抗状態のままリリース時に親指の力を緩めると自然とカーブ回転がかかるというわけ。よく親指で弾くとか、手首でひねるともいうカーブだが、「2階の高さから落ちてくるような」カーブを投げてたカネヤンはこの握りでカーブを投げてたというし、自分の知る限りでは一番むりのないカーブの投げ方だと思うのでこの投げ方でチャレンジをしている。ドローンとした変化になる。

カーブばっかり投げたあとストレートを投げたら外角に大きくそれた。手の平がホーム方向に向かないままリリースをするクセが知らず知らずのうちについてたらしい。未熟未熟・・・。その点に留意しストレートを投げなおしたら今度はまっすぐいった。


ただいま杉並キャッチボール同好会会員募集中です(笑)。いや、半分マジデス。

今宵のNANDAは絶対見よう!!

テレビ朝日系0時16分からのNANDAではノック名人が登場。いよいよである。このブログにたどりつきこれを読んでるみなさん、絶対録画ですよ!!特に野球関係者は絶対ですよ!!!バッティングのヒントがここにある。私は起きているってわけにもいかない状況なので、録画します。とりあえずのポイントは前の肩ですね。これがどの程度動かないのか、あるいはどの位置に前の肩が来ているのか、前の肩とミートポイントの関係などに興味あります。

前の手でバットを持ち、後ろの手でトスを上げる。このノックが自由自在であるならばバッティングにもいい影響があるのではないだろうか?ってのがいま私が考えてる事。ノックは一人で練習できるしね。スペースもいらないのです。新聞紙とかをくしゃくしゃにしてボール状にして、これを打つのです。最初はドッヂボールくらいの大きさにしてもいいかもしれない。この練習法、当たると結構いい打球感があって気持ちいいです。ただし、この打球音が結構響くので夜やるのは場所によってはマズイかも。

そんなわけで、今宵のNANDAは絶対見ましょう!!!

ノックの名人芸をテレビで見よう。

確か明日のNANDA(関東地方では)で放映されると思う。以前あんびりーばぼーに出たことある人だと思う。とにかくコントロールがハンパじゃない。多分投げるより正確だと思う。これはおおげさな表現じゃない。本当に正確。ノックを正しく打つということは、正しい打撃の要素がたくさん含まれてると思う。録画必至、名人芸から打撃の真髄を見出せ!!

ただ、予告編見る限りだが、番組内ではノックのみをテーマとして扱うのではなく、クイズ形式のそのうちの一つのテーマがノック、という事のようだ。

プロ野球ファンはスカパーみるべし

メジャーとプロ野球両方見られるように契約すると月4000円ちょっと。南南東だか東南東だかわすれたけど(スカパーサイトで調べなさい)そっちに空間があれば電波が受信できます。いまはチューナーも大分安くなって、あちこちで無料キャンペーンなんてのもやってるからそういうのを狙うのもよし。今年は違うけど去年まではロッテの千葉マリンの試合はスカパーじゃないと見られなかった。そういう意味でも価値があった。まあたくさんの人の目にロッテの試合が触れる現状のほうがいいんだけど(今年のプロ野球はJスポーツ、ガオラ、スカイA,ESPNにて共同で放送している)。

さて、今私はスカパーが見られない。口座にお金がなかったのだ・・・。いや、お金がないわけじゃあない。いや、ないといえばないのだが・・・契約時と今とで給与の銀行の振りこみ先が変わってしまったのが主な原因。大体ぬかりないようにチェックしていたのだが、「又」やってしまった・・・。又というのは、こんなこと毎年毎年しでかしてるのだ。まあ、これでアタクシの経済状況が推測できると思う。

まぁね、プロ野球を見ないという時間もいいものよ。録画してたまったテレビ番組とか過去のプロ野球をじっくりみたりね、なによりも掃除をじっくりする時間ができたというもの。プロ野球観戦は楽しいんだけど知らず知らずのうちに我が体力をむしばむのだ。

過去、何度かスカパーに問い合わせ、銀行口座を聞いて支払いにいったことがある。これだと確認が取れ次第放送が又見られるようになるのだ。ほうっておくと月一回の振りこみ日(26日)まで待たないといけない。今回は待つことした。行く時間がないというのもあるけど。いやぁ、ロッテが勝って勝ってしょうがないから勝ち疲れしてしまってるのだ、あたしゃぁ。

えぇ、明日にも交流戦優勝が決まるのかな?その試合をアタクシは見られません!!。磯山さやかのリポートが見られません!!デーブ大久保の解説が聞けません!!。残念だぁ?やっぱり!!

ちなみに磯山さやかはわりと野球が分かる人で高校野球のマネージャーをしていたとかでスコアブックがつけられる。好きなプレーは643のダブルプレーだそうだ。放送を何度か見たが、割りといい。ただ紋きり調というか「うちましたねー」「アウトですねー」「ヒットですねー」といったコメントがややうざいといえばうざいが、かわいいので許す(笑)。

さて、この数週間部屋の掃除たっぷりするべぇ?。やることやるべぇ?。でもラジオ放送あったら聞いちゃうかも(笑)。

巨人の矢野はいいねぇ!!

私は千葉ロッテファンで見る試合の大半も千葉ロッテの試合なのだが、元来プロ野球観戦そのものが好きなので他球団の試合だって楽しもうとおもえばいくらでも楽しめるし、また、そうしたい気持ちもある。ただ、限られた時間と体力、集中力を考えるとそれがとても出来ないので千葉ロッテベースで観戦しているということ。

他球団の試合や大リーグ等はやはりスポーツニュースやプロ野球ニュースの映像が情報源になる。そんななか私の目に止まったのが巨人の矢野だ。あの立てたバットをタイミングを合わせる時寝かせるのがたまらない。構えは仁志とすごくよく似ているが、仁志が立てたバットをそのままにしていわゆる「割れ」に移行するのに対して、矢野はピッチャーのモーションに合わせ早々にバットを寝かせにかかる。

バットを寝かせる事の利点、影響は私自身が最近身をもって(草レベルだけど)感じた事もあって矢野のこのスタイルは大いに目をひいた。あのタイミング、始動、準備の早さはまさに私が頭に描いているものそのままだったからだ。私のバッティングの実際はともかくとして、頭に描いているのは矢野のタイミングだ。

高橋ヨシノブの故障で入れ替えでメンバーに入り、ホームランも打ったという。バットを寝かせることでホームランが打てなくなるほどパンチ力というのは落ちるものではないと思う。もし寝かせることで飛距離が著しく落ちたのであればそれは元々の力がそれまでだったのだと思う。

大いに期待していた矢野、しばらくしてスポーツ新聞を見るとなんと二軍に落ちたという。矢野は泣いたとか。ヨシノブの復帰に合わせて入れ替えで二軍に落ちたらしい。他に落とす選手いるでしょ?と、みぃ?んな思っただろう。キャブラーはそんなに2軍に落としにくい契約をしているのか?いらないよな?、キャブラー。

矢野は最近復帰した。当然だ。だがスタメンではない。でも、ヨシノブ、ローズ、清水の中に割りこむのは厳しいか。でも彼には頑張ってもらいたい。顔つきがいい!!

まぁ、とにかく矢野のバッティングに注目しているし、頑張ってほしい選手である。あのバッティングはそうそう崩れないと思う。今はまだ平均的成績が残せていないが、それは単に「慣れ」の問題だと思う。1軍と2軍ではピッチャーの質に雲泥の差がある。彼がバッティングを崩すとしたら右投手、左投手問わず1軍投手の変化球についていくことが出来ず前の肩を開くことが我慢できないで開きにいくようになるなんてパターンだと思う。だから彼が「左キラー」なんて事になったらかえってアブナイような気がする。左ピッチャー相手だと外側に逃げていくボールが少ないから体を開いて待って対応することが可能だからだ。

だが、矢野のあのタイミングの取り方は、ややもすれば(長嶋茂雄がよく使うフレーズ)「左キラー」になる要素を兼ね備えていると思う。ま、とにかくプロなんだからどういう形であれ・・・いや、どういう形ってのはヤだなぁ?。「おっつけ」が激しくなるとせっかくのきれいなボディーターンが消えてしまう。んと、とにかく矢野は矢野たれ!というところか。

だからどんどん使って、今の若い時期に1軍ピッチャーの球に慣れて花咲かせてもらいたいと思う。それが出来ないならさっさと他球団に行ってもらいたいね。巨人にいると埋もれるなんてことよくあるからねぇ。

分かる人が分かる話。

今日地下鉄車内で山本益博氏を見かけた。自分の3つ隣くらいの席に座っていた。自分は丁度眠ってたところで、はっと目をあけたらそういう状況で、一気に目が覚めてしまった。結構眠ったってのもあるが。車内はそれほど混んでなかったが、気付いた人はいないっぽい。前に女子高生とかがいたが「あれ、山本益博じゃない?」なんてひそひそ話もしてなかった。

向いの席に座っていたらもっと観察できたのになぁ、などと思っていたら、丁度『古典落語 文楽集』を持ってたことに気付く。なんというグッドタイミング。自分はたいてい1,2冊の本をバッグに入れているが、『古典落語 文楽集』を手にとったのは実に久々だった。これはこの本をちょっとネタにして話のきっかけをつかめる。サインをもらおうか・・・。

ところが書くものをな?んにも持ってないことに気付く。ちょっとがっかり。でも車内でサインをもらうってのも失礼だし(新幹線とかホームとかならまだしも。人目につきにくいところという意味)、3つほど隣に移動するって状況も違和感あるし、こりゃーペン持ってたってサイン頼むわけにいかんね、ま、しゃーないなぁ?と思ってあきらめた。


さて、この文章、理解できた人がどれほどいるか・・・・。いねぇだろうなぁ。

夢のようなことがこんなに早く現実に!!

といっても私の話じゃない。千葉ロッテだ。ほぼ間違いなく「1位」決定である。優勝といえないのがはがゆいが。冷静になると微妙に信じられない気持ちである。今日も勝った。

じゃ、おやすみ。

若武者さんへのレスを兼ねて解説。

昨日アップしたバッティングフォームの動画(6月5日20時半ころまでDLできます)の解説です。若武者さんがいくつかポイントをあげてくれたのでその回答を兼ねて書かせていただきます。


若武者さん、コメントありがとうございます。「ネチケット」というか常識さえふまえてくれればどれだけ辛口でも結構ですよ・・・なんとも微妙な表現してますね、われながら(笑)。ま、どしどし書きこんでください。

現在では寝かせたフォームにしてます。「バッティングの話」の中にそのフォームの連続写真がありますのでそれと比較すると多少自分なりの改善点も見ることが出来るかなあと思っております。

内角高めですか・・・ごっちゃんです(笑)。私は可能な限り力強く振りますが、決してHR狙いってわけでもないので高めの球がくれば合わせにかかります。というか落合式で、「インハイ速球」に間に合うように待ってるので、こういってはなんですが草レベルでストライクで内角高めは「おいしい」です。ま、それでもボールの下を叩くことが多かったのでバットを寝かせることにしたのです。ミート率が上がりました。

トップのグリップの位置・・・これはず?っと課題なんです。いつも動画を見て判明するところです。実はこれでもマシになったんですよ。これを解消する意味でもバットを寝かせて、肩の上にバットを乗っけてしまってある種バットを固定することでグリップを大きく動かさないという策を現在では採用してます。といっても融通きく範囲ですが。連続写真みれば分かるかと思います。このグリップの位置の意味でも動画の中では2つめ、4つめのスイングの形がいいかな?と思っています。1つめのスイングはモロにグリップが遅れてますよね。

足をあげて「1、2のサーン」で打てればこの上なく気持ちいいのですが、そんなことはこの世の中にはないようなので(笑)、実際は足をおろしてから間をつくってタイミングをはかるような形です。字じゃわかりづらい・・・。足は、あげないとかえってタイミングがとりづらいのと、体重移動やいろいろと体がうまく動かないのでやっています。

ボンズで6cm、松井で14,5cmかな、そのくらいは上下にぶれるみたいです。私はもっとぶれてるでしょうが、ま、あまりぶれないのを気にしてもどうかって気もするので、本文で書いたポリシーでやっています。

体重は私は十分に乗ってると見てます。そして体の中心でくるっと回ることを考えてやってるので、その点はこの動画ではオッケーと見てますね。



スリークウォーター。108キロがアウトローに決まる!!

その動画(6月5日20時半ころまで見られます)。そのままクリックか、重いときは「対象をファイルに保存」等でダウンロードしてから見てください。AVIファイルです。

ま、試合のピッチングじゃないです(笑)。神宮バッティングドームの球速測定のところで測ったものです。こうしてみるとアーム式だし、無駄が多いですねえ。体を縦に使ってるのに、腕が横から出てるし、それゆえ腕が横振り。自分ではこんなに腕が下がってる意識なかったんですが。ま、細かい話はのちほど。コメントはオ気軽にドージョー。

え?見づらい?・・・がんばるんだ!!

去年7月の右のバッティングフォーム。動画です。

ここを「対象をファイルに保存」でダウンロード

AVIファイルです。クイックタイムプレーヤーでAVIファイルを見られるように設定を変えて、見ることをおすすめします。なお、これは2ちゃんねるのアップローダーにアップしているので、今から24時間で見られなくなります(更新しました。6月4日20時ころまでダウンロードが可能です。)まぁ、私がそのたびにアップしなおせばいい話ですが。どこかいいアップローダーあったら教えてくださいませ。かなり重いアップローダーなので「対象をファイルに保存」でダウンロードすることをおすすめします。

この動画を見る限り、後ろの足にきっちり体重を乗せ、前の足にしっかり乗せ、多少前よりで軸を作ることを意識しながらも、体の中心でくるっと回ることを意識してのスイングをしていると思います。私は目線のぶれってあまり気にしないほうなのですが、それでも可能な限りぶれないほうがいいには決まっているので、「気にしないながらも気にする」ことをふまえてスイングをすることを考えます。この動画でもそうですね。動きは大きいですが、可能な限り上下動は少なくしようとしています。

一本足のイメージ、これは少し小久保をイメージしてはいるのですが、小久保はあんなに足をあげても頭ぶれないんですよねえ。すごいなぁと思います。

なお、この頃はバットをまだ立ててます。今は寝かせています。ミートははるかに今のほうがマシです。立ててスイングするとボールの下を叩くことが多かったです。目線のぶれのみならず、バットに「ふりまわされる」と結論づけて、今は寝かせてる次第です。

私は2つめのスイング、4つめのスイングが割りと好きです。

みなさん、これまでコメント書いたことのない方も、書いたことのある方もコメント気軽に書いてください。今後もちょくちょく動画はアップしますんで、よろしゅう。

必死に食い、必死に寝る。

可能な限り、「食う」こと、「寝る」ことに時間を割く、その努力を惜しまないということは野球、スポーツのみならず、全てのことについて大事だと思う。阪神の井川は10時間寝るそうだ。井川遥はいきなりバトミントンやって運動神経の良さを示し、陣内貴美子はここでも負けず嫌いだった。

いまからちゃんと食って、少し酒いれて、クソして、ションベンして、たっぷり寝たいから今日はこれでネンネネンネ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。