しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


的場はバットを寝かせればいいと思う。

全く打てる気がしませんでした。おかげでマリーンズファンの私としましては彼が打つ順番になると少しほっとしたものです。

基本的にバットを立てるバッターはバットを「振りたい」タイプですね。そしてさらに小さく構えるタイプになると、一気に力をバーン!って爆発させて球を打ちたいタイプだと思います。私は的場のことは詳しくありませんが、おそらくはパンチ力があって「1発がある」というタイプの打撃でここまできたのではないかと思います。ネプチューンのホリケンの「パラグライダー!」は大きく体を開いてジャンプする前に体を小さく構えます。これといっしょです(どういうタトエダ)。

プロ野球選手、それも1軍クラスともなると我々素人とは全く違う感性を持っているわけで、しかも練習量とて、マジで比較にならないわけです。的場とてそのはず。おそらく練習ではあの構えでバンバンいい当たりを打っているのでしょう。ところがプレーオフという異常緊張、しかも1軍トップレベルが競う本番の試合では「全く」通じませんでしたね。

おそらくは、練習のいい状態と全く同じ動きが出来るのであればあのフォームでもいいのでしょう。でも私の見る限り、あの構えだとブレが出やすいと思います。

断っておきますが、このブログ、野球素人があーだこーだ好き勝手なことをいう場ですんで、あしからず(笑)。

バットを立てるにしても、構えのグリップの位置があまりよくないような気がします。もっと後ろに置く感じ、元巨人の村田真一氏のような打撃フォームだとぴったりはまるような気がするのです。今のままだといかにも窮屈そう。おそらく腕っぷし、リストが強いからあの小さい窮屈な位置からバットをコントロールするのでしょう。でもくりかえしになりますが、やはりブレが出ると思います。

バットを立てるなら、どうせならバットを短く持たないで長く持ったほうが彼には合うような気がします。それで大きく構えるのです。例えば元木のように。元木氏は、バットを立てて大きく構え、右打、軽打、強打を上手に使い分けるバッティングをしました。大きく構えてゆっくり(に見えるが実際は速い振りなのでしょう)振るバッティングだってあるのです。そういう意味では的場のバッティング、チュウトハンパに見えました。

私はほん????のちょっとだけゴルフをやります。たまに練習場にいくくらいのレベルってくらいのほん??????のちょっとです。その経験から言わせてもらうと(横柄)、小さいスイングが必ずしもミート率を上げるものではないということです。コントロールショットとかで抑えたスイングをする場合、小さい振りで鋭く振るのと、大きい振りでゆったり振るのとでは、大きい振りのほうがミート率が高いのです。プロだとどちらでも同じでしょうし、私だからそうなのかもしれませんが、いたずらに小さいフォームが必ずしもミート率を上げるものではないというのは他の人でも言えると思います。そしてそれは野球のバッティングでも同じじゃないかな?と。

で、私が提案するのはタイトルに掲げたように、ただバットを寝かせて構えるということ。これだけでミート率格段にアップするような気がするのです。シリーズ見る限りでは始動は特に遅くなかったように思います。ただバットとボールがとにかく当たってくれなかった。といってもクリーンヒットが出なかったっていうだけですから微妙な違いなんでしょうが、その微妙な違いを克服するのにバットを寝かせるのはどうなんかな??なんて思うのです。バットは長く持って構わない。

ま、同じチームに大道って人がいるんだから彼を参考にすればいいんですよ。考えてみればパワーヒッターの城島だってバットはやや寝かせ気味の傾向があります。構えを始めとしてバッティングが変われば(変わりうると思う)、彼はオオバケするような気がしますねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:福岡ソフトバンクホークス - ジャンル:スポーツ


今宵のNANDAは絶対見よう!!

テレビ朝日系0時16分からのNANDAではノック名人が登場。いよいよである。このブログにたどりつきこれを読んでるみなさん、絶対録画ですよ!!特に野球関係者は絶対ですよ!!!バッティングのヒントがここにある。私は起きているってわけにもいかない状況なので、録画します。とりあえずのポイントは前の肩ですね。これがどの程度動かないのか、あるいはどの位置に前の肩が来ているのか、前の肩とミートポイントの関係などに興味あります。

前の手でバットを持ち、後ろの手でトスを上げる。このノックが自由自在であるならばバッティングにもいい影響があるのではないだろうか?ってのがいま私が考えてる事。ノックは一人で練習できるしね。スペースもいらないのです。新聞紙とかをくしゃくしゃにしてボール状にして、これを打つのです。最初はドッヂボールくらいの大きさにしてもいいかもしれない。この練習法、当たると結構いい打球感があって気持ちいいです。ただし、この打球音が結構響くので夜やるのは場所によってはマズイかも。

そんなわけで、今宵のNANDAは絶対見ましょう!!!

巨人の矢野はいいねぇ!!

私は千葉ロッテファンで見る試合の大半も千葉ロッテの試合なのだが、元来プロ野球観戦そのものが好きなので他球団の試合だって楽しもうとおもえばいくらでも楽しめるし、また、そうしたい気持ちもある。ただ、限られた時間と体力、集中力を考えるとそれがとても出来ないので千葉ロッテベースで観戦しているということ。

他球団の試合や大リーグ等はやはりスポーツニュースやプロ野球ニュースの映像が情報源になる。そんななか私の目に止まったのが巨人の矢野だ。あの立てたバットをタイミングを合わせる時寝かせるのがたまらない。構えは仁志とすごくよく似ているが、仁志が立てたバットをそのままにしていわゆる「割れ」に移行するのに対して、矢野はピッチャーのモーションに合わせ早々にバットを寝かせにかかる。

バットを寝かせる事の利点、影響は私自身が最近身をもって(草レベルだけど)感じた事もあって矢野のこのスタイルは大いに目をひいた。あのタイミング、始動、準備の早さはまさに私が頭に描いているものそのままだったからだ。私のバッティングの実際はともかくとして、頭に描いているのは矢野のタイミングだ。

高橋ヨシノブの故障で入れ替えでメンバーに入り、ホームランも打ったという。バットを寝かせることでホームランが打てなくなるほどパンチ力というのは落ちるものではないと思う。もし寝かせることで飛距離が著しく落ちたのであればそれは元々の力がそれまでだったのだと思う。

大いに期待していた矢野、しばらくしてスポーツ新聞を見るとなんと二軍に落ちたという。矢野は泣いたとか。ヨシノブの復帰に合わせて入れ替えで二軍に落ちたらしい。他に落とす選手いるでしょ?と、みぃ?んな思っただろう。キャブラーはそんなに2軍に落としにくい契約をしているのか?いらないよな?、キャブラー。

矢野は最近復帰した。当然だ。だがスタメンではない。でも、ヨシノブ、ローズ、清水の中に割りこむのは厳しいか。でも彼には頑張ってもらいたい。顔つきがいい!!

まぁ、とにかく矢野のバッティングに注目しているし、頑張ってほしい選手である。あのバッティングはそうそう崩れないと思う。今はまだ平均的成績が残せていないが、それは単に「慣れ」の問題だと思う。1軍と2軍ではピッチャーの質に雲泥の差がある。彼がバッティングを崩すとしたら右投手、左投手問わず1軍投手の変化球についていくことが出来ず前の肩を開くことが我慢できないで開きにいくようになるなんてパターンだと思う。だから彼が「左キラー」なんて事になったらかえってアブナイような気がする。左ピッチャー相手だと外側に逃げていくボールが少ないから体を開いて待って対応することが可能だからだ。

だが、矢野のあのタイミングの取り方は、ややもすれば(長嶋茂雄がよく使うフレーズ)「左キラー」になる要素を兼ね備えていると思う。ま、とにかくプロなんだからどういう形であれ・・・いや、どういう形ってのはヤだなぁ?。「おっつけ」が激しくなるとせっかくのきれいなボディーターンが消えてしまう。んと、とにかく矢野は矢野たれ!というところか。

だからどんどん使って、今の若い時期に1軍ピッチャーの球に慣れて花咲かせてもらいたいと思う。それが出来ないならさっさと他球団に行ってもらいたいね。巨人にいると埋もれるなんてことよくあるからねぇ。

若武者さんへのレスを兼ねて解説。

昨日アップしたバッティングフォームの動画(6月5日20時半ころまでDLできます)の解説です。若武者さんがいくつかポイントをあげてくれたのでその回答を兼ねて書かせていただきます。


若武者さん、コメントありがとうございます。「ネチケット」というか常識さえふまえてくれればどれだけ辛口でも結構ですよ・・・なんとも微妙な表現してますね、われながら(笑)。ま、どしどし書きこんでください。

現在では寝かせたフォームにしてます。「バッティングの話」の中にそのフォームの連続写真がありますのでそれと比較すると多少自分なりの改善点も見ることが出来るかなあと思っております。

内角高めですか・・・ごっちゃんです(笑)。私は可能な限り力強く振りますが、決してHR狙いってわけでもないので高めの球がくれば合わせにかかります。というか落合式で、「インハイ速球」に間に合うように待ってるので、こういってはなんですが草レベルでストライクで内角高めは「おいしい」です。ま、それでもボールの下を叩くことが多かったのでバットを寝かせることにしたのです。ミート率が上がりました。

トップのグリップの位置・・・これはず?っと課題なんです。いつも動画を見て判明するところです。実はこれでもマシになったんですよ。これを解消する意味でもバットを寝かせて、肩の上にバットを乗っけてしまってある種バットを固定することでグリップを大きく動かさないという策を現在では採用してます。といっても融通きく範囲ですが。連続写真みれば分かるかと思います。このグリップの位置の意味でも動画の中では2つめ、4つめのスイングの形がいいかな?と思っています。1つめのスイングはモロにグリップが遅れてますよね。

足をあげて「1、2のサーン」で打てればこの上なく気持ちいいのですが、そんなことはこの世の中にはないようなので(笑)、実際は足をおろしてから間をつくってタイミングをはかるような形です。字じゃわかりづらい・・・。足は、あげないとかえってタイミングがとりづらいのと、体重移動やいろいろと体がうまく動かないのでやっています。

ボンズで6cm、松井で14,5cmかな、そのくらいは上下にぶれるみたいです。私はもっとぶれてるでしょうが、ま、あまりぶれないのを気にしてもどうかって気もするので、本文で書いたポリシーでやっています。

体重は私は十分に乗ってると見てます。そして体の中心でくるっと回ることを考えてやってるので、その点はこの動画ではオッケーと見てますね。



去年7月の右のバッティングフォーム。動画です。

ここを「対象をファイルに保存」でダウンロード

AVIファイルです。クイックタイムプレーヤーでAVIファイルを見られるように設定を変えて、見ることをおすすめします。なお、これは2ちゃんねるのアップローダーにアップしているので、今から24時間で見られなくなります(更新しました。6月4日20時ころまでダウンロードが可能です。)まぁ、私がそのたびにアップしなおせばいい話ですが。どこかいいアップローダーあったら教えてくださいませ。かなり重いアップローダーなので「対象をファイルに保存」でダウンロードすることをおすすめします。

この動画を見る限り、後ろの足にきっちり体重を乗せ、前の足にしっかり乗せ、多少前よりで軸を作ることを意識しながらも、体の中心でくるっと回ることを意識してのスイングをしていると思います。私は目線のぶれってあまり気にしないほうなのですが、それでも可能な限りぶれないほうがいいには決まっているので、「気にしないながらも気にする」ことをふまえてスイングをすることを考えます。この動画でもそうですね。動きは大きいですが、可能な限り上下動は少なくしようとしています。

一本足のイメージ、これは少し小久保をイメージしてはいるのですが、小久保はあんなに足をあげても頭ぶれないんですよねえ。すごいなぁと思います。

なお、この頃はバットをまだ立ててます。今は寝かせています。ミートははるかに今のほうがマシです。立ててスイングするとボールの下を叩くことが多かったです。目線のぶれのみならず、バットに「ふりまわされる」と結論づけて、今は寝かせてる次第です。

私は2つめのスイング、4つめのスイングが割りと好きです。

みなさん、これまでコメント書いたことのない方も、書いたことのある方もコメント気軽に書いてください。今後もちょくちょく動画はアップしますんで、よろしゅう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。