しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小坂ゾーン

まあ、見てくださいよ。これですよ、これ。私がマリーンズの試合を生で見たいなあって思ったのも小坂がいたからですよ。

この動画の中で半分くらいは生でTV観戦してますね。その中で一番印象的だったのは、城島の打った当たり。一塁を駆け抜けた直後に前に転んでいるシーンです。ワタシは三遊間のあまりに深い当たりであるということ、それに追いついた小坂に多少の驚きと期待感を持ちながらも、「バッターランナー城島だし、あの深さだし、セーフだろうなあ」って思ってみてました。そしたら、捕ってから投げるまでが実に素早く、「超見事なストライク送球」で見事にアウト! (完全にセーフだろうと思い込んでいたので)、驚いたのなんのって。TVの前で「わぁ?!」と叫んで(アパートでの一人暮らしだからそこはふまえながら)しまいました。動画の中にはセカンドのプレーもありますが、これ見るとやっぱり小坂はショートですよ、ショート! 


もちろん、これはいいところばっかり集めたものなので、すごくよく見えるわけですが、そうでなくても彼は「守備でお金を取れる選手」だと、今でも思いますね。

だからこそ、これだけのセンスを持った選手がなぜにあんなに打てないのか不思議なのですが。同じような体型、同じような運動センスを持った赤星があれほど打てるのに(最近不振みたいですが)。駒田氏は(楽天コーチ就任前)、解説で「センスの塊。なんでこんなに打率が低いのか全然わからないです」といってました。巨人に移籍後、楽天にいたとき気づいた部分をアドバイスされたらしいですが、果たしてどうなのか・・・・少なくも「特効薬」ではなかったようです・・・。同じく解説の住友平氏は、単純に体力の問題だと指摘してましたね。夏頃からどうしても打率が伸びなくなると。あまりに簡易な指摘なのですが、確かにそういう傾向が見られるので反論もしづらい部分です。


・・・・と、野球素人があーだこーだ、小坂のことを書いてみました(笑。解説の二人が言ったことはホントですが)。


さて、ワタシが作った映像ではないですが(笑)、「小坂ゾーン」をお楽しみください。↑で書いた城島のプレーは1分ほどのところにあります。



スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ


デーブ大久保氏の解説が好き。の話の続き。

前回この記事を書いておもったのだが、何もデーブ氏に限らずとも他人を判断するのにその人のバックボーンを多少なりとも知ってるのと全く知らないのとでは、対する評価も感想も「悲しいかな」変わってしまうものだろうなと。ワタシは同じ茨城出身で、彼のイントネーションも心地いいものがあるし、他のテレビタレント等にない感情の起伏も「茨城では慣れ親しんだ」感のあるものでそれだけでプラスの要因なのかもしれない。加えて、「でぶぢん」などで彼の「基本となる野球スタンス」が大体分かっているので(正確には分かってる「つもり」だが)、話している内容も「一貫しているな」と感じるのだとは思う。

ま、何もワタシは「客観的論」を書こうなどとは思ってないけれども、一般に人気のある解説者というのはハキハキと、明るい口調で、聞き取りやすい傾向があるわけだから、そういう意味で考えればデーブ氏はあてはまらないのかもな、と感じたので、↑のようなことを書かせてもらった次第。

北関東の言葉は、しゃべってる当人は怒ってなくても他の地方の人、南関東の人からすれば怒っているように聞こえるって傾向がある一方、ただ何気なくしゃべってる言葉が「朴訥として良い」なんて評価も受けることがある(笑)。そうしたところもデーブ氏評価のネックとなってるのかな?と思う。

とはいえ、やっぱりワタシは彼の解説は面白いなという結論になってしまう。彼が出ていると聞くし、何よりも実際に草野球でもやってる人間からすれば「実践で」参考になる話が多いものだからテレビに見入ってしまう。


地上波中継だとベンチレベルでのレポーターなんだよねぇ?、もったいないなあ。彼も「タイミングが難しいし、実際にしゃべるタイミングが少ないし、難しい」と言っていた。

嫌いなら嫌いで仕方ないかもしれないけど、このHPを見た「デーブ大久保嫌い」の人がいればちょっとは彼の解説を気にしてもらうとうれしいかなという思いがあります。この項、以上。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ


デーブ大久保氏の解説が好き。

ワタシは大好きなのだが、ネット上であれこれ野球に関する話を読んでみるとどうも「不人気NO.1」らしい。ルックスゆえか、アクの強さゆえか。よく彼を嫌いな理由で挙げられているのが「巨人びいき」「他の球団を取材してない」「言ってることが古い」「言ってることがしばしば違う」「エラソー」「テキトーにものを言っている」といったところか。悪口オンパレードだね(笑)。

ワタシが茨城出身ゆえか、意識しないと彼の訛りというものを感じないのも大きいかも(笑)。それから茨城県人の感性というものが伝わり、むしろアドバンテージがあるかも。ただ同じ茨城出身の豊田泰光氏の解説はあまり好きではない。ただしデーブ氏の時と同じく茨城県人の感性が垣間見えて聞いてるこっちが「ニヤ」っとすることもしばしばあることはある(笑)。

ネット上で見られる「意見がコロコロ変わる」とかいうのはアゲアシとりに近いように感じる。「でぶぢん」(スカパーで放送していたデーブ氏と陣内貴美子氏がMCのスポーツ番組)も見て彼の話をわりとじっくり聞いていた自分からすれば彼の理論っていうのはむしろ一貫している。

巨人や西武の選手、OBたちと親交があるようで(日ハムの奈良原や田中幸雄とゴルフに行ったなんて話もしばしば聞く)、果たして現役の選手、若いOB(ブランクが少ないという意味)たちと交流がある彼の意見が古いかね?なんて思う。彼の交流がどーだって事に関わらず、私は古さは感じないが。

ま、唯一「ヤだなー」って感じるのは「でぶぢん」でしばしば見せた悪口か。特に巨人時代にイヤな目にあったというコーチ(実名出してたが。笑)に対する悪口はひどかった。彼が書いた本にも誰だとわかる形(確かイニシャル)で載ってたから相当イヤなんだろう。ま、このところは自分も嫌い。

話を戻して、彼の解説の話。ワタシが好感が持てるのはとにかく視聴者にわかりやすい言葉、方法で伝えようとしているところ。これは今の解説者の中でNO.1じゃないかな?この間のヤクルト戦、星野伸之氏とのダブル解説で「星野さん、キレってなんでしょうね?僕ら、キレがあるって言ったらわかるんですけど、スピードガンに出ないキレっていうのを一般の人にどう説明したらわかってもらえますかね?」って事を言ってた。確かにこの点について明確に説明している人ってあまりいないような気がする。少なくともワタシは知らない。

そういう意味で彼の解説ってわかりやすくて好きなのだ。多分実況解説ならば、1試合に1つは野球のプレーを何かにたとえて説明するのが聞けると思う。

明日以降にもちょっと書くか。


テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。