しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フレッド・アステアとブルースブラザーズ

フレッド・アステア。アステアといえば「体の軸」の確かさ。見事なもんです。そしてこのシーン、もちろん実写です。すごいですよね。




ブルース・ブラザーズ。これ見るとテクニックなんざぁ、クソ食らえ!って気持ちになります。見ていてテンションが上がってくる。実際のところは、これとてなかなか「真似しようと思ってマネできるものではなく」、何気にテクニックをたくさん要求されるんだとは思いますが、少なくとも上にあるフレッドアステアのそれと比べたらテクニックウンヌンの話じゃあない。でも、後ろのダン・エンクロイドの動きといったら、楽しい事この上ない。

ただ、よく見れば、軸という意味ではブレがないですね。無駄にぶれないから息も切れないんでしょう。でも、楽しい映像です。


スポンサーサイト

中田の引退は「尊重」できないなあ。

中田引退にあたり、「残念だけど、彼の生き方は尊重しなければいけない」というコメントが多かったように思う。

ソンチョー?尊重・・・・「重く尊(たっと)ぶ」

ケガもしてないで、年老いた自分のサッカーを追おうともしないで、「サッカーが楽しくなくなった」とか言って、引退する彼の生き方、私はとても「尊べません」。

他人の進路は、ほんと外部の人間が口ははさみきれないものだとは思う。個々が度合いの大小はあると思うけど熟考しているはずだからだ。だから中田の進路に口をはさ・・・・いや、やっぱりより近い人間が口をはさむべきだと思うけどなあ。でも関係者は何度も止めたって言ってるか・・・。



スポーツ新聞で見た記事なんだけど、ニッポン放送のある番組内でリスナーに対して行ったアンケートでは95%が彼の生き方を支持するとの結果が出たそうな・・・・・。へ?なんでみんなそんなに「ふ抜けて」いるの?



でもテレビとかでも中田支持の声は多い。「残念だけど仕方ない。中田が考え抜いて決めたことだろうから支持する」←この答えが多かったようにおもう。



私が「中田支持者」に感じること・・・・・はっきり言うと「中田の色気」にやられちゃってるんだとおもう。だってどう考えたってやめる時期じゃない。もう、コレはとんでもなくおかしい決断!それが、彼のあやふやな摩訶不思議な、利発な(これはホントそうおもう)、セクシーな(これもそうおもう)オーラにだまされてる・・・・やられちゃってる・・・私はそう思いますね。


この中田引退、野球に分かりやすくたとえると、藤川が連続無失点記録を打ち立ててる時に藤川自身が「熟考の末、引退することに決めました」って言うのに等しい、私はそのくらいのモンだとおもう。



中田は頭がいい。これは本当にそう思う。それはプレーを見てても(ワタシもたま?には見るのです。その中で中田は印象的なんです。)、発言を聞いてても、少なくも「すごく頭が切れる」人間だとおもう。



頭がいい人間は、プレーが終わって数日もたたないうちにああいう整った文章を書けるものなのだろうか?たとえ、ずっと前から引退を決めていたにしろ、だ。逆に、ずっと前に引退を決めていたからこそ、いやらしさがある、ワタシはそう感じる。それは暗に、試合の最中もあの文章を練る事、発表をする事を考える事、をしながら、言い換えれば「幕引きを考えながらプレーをしている」という、不純な部分を感じるのだ。こう感じる人はやはり少数派なのだろうか?それともやはり頭のいい人間は、プレーが終わってすぐ、あれだけ整った文を書けるものなのだろうか?



余談だが、↑これは私(ごとき!)がブログを書いてて感じる事なのだ。どうしても日常でブログのネタ、文章を練っていたりする自分がいる。もちろん、それにばかり頭を向けてばかりはいられないので、すぐ修正するが、どうしても「ブログありき」の日常になりがちなのだ。そういう意味でワタシはあまり現役のスポーツ選手がリアルタイムでブログを発表することにたいして、好意的ではない。「純」じゃないのだ。前にも書いたとおもうが、ブログ関取、普天王にも場所中にはブログは差し控えてもらいたいとおもっている。


閑話休題。さて、みんながみんな中田支持なのだろうか?浜・・・いや、いささか不満におもっていたのだが、・・・イマシタ、いましたよ?ん!♪、ちゃーんと苦言を呈している人が!セルジオ・・・さんじゃないです(このことについてのセルジオさんの発言は聞いていない)。永井洋一さんという、サッカー関連を中心としたスポーツコメンテーターの方です。you tubeにアップされていました。


↑こーんな具合で不満を抱いていた自分はこの映像を見て、スカっとしましたね。「そうそうそうそう!」ってなもんです。検索をかけてみると、結構面白そうな本も出されているみたいで特に『スポーツは「良い子」を育てるか』なんて本は面白そうですね(参考サイトhttp://www.scix.org/talk/nagai101.html)。


ん?なわけで、そのyou tubeにアップされている映像はコチラ→http://www.youtube.com/watch?v=T_lE5spdTuc&mode=related&search=
(すっかりリンクをhtmlで作業するのがメンドクサクナッテイルアタクシ)

さて、みなさんはどうお感じになるでしょうか(正直、賛同者求む!笑)。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


森嶋のバックドロップが楽しみだ。

えぐいよ?、えぐい。今日深夜のプロレス、録画されたし。三沢さんの首大丈夫?ってワザが見られると思います。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ


ほらぁ!やっぱり佐々木明コースアウトしたぁ!

先日このブログに書いたとおり、「ビッグマウス選手」が起こしそうな事態になってしまいました。やっぱりねぇ・・・本当にビッグマウス選手は「五輪では」勝てないんですよ。「他の大会で勝てても五輪では勝てない」。それだけ五輪って魔物がいるというか、神がいるというか、そういう場なんですよ。仮にビッグマウス選手が勝てても、ワタシャー、日本人にはビッグマウスってのは似合わないと思いますな。古臭い、ダサイ、つまらないと言われようが寡黙、淡々ってのが一番似合うような気がします。仮にプロの選手でもそう。ここだけの話、日ハムの新庄にもそれは感じるんです。彼がもう少し寡黙なら少しつまらなくなりますが(笑)、もっともっと大活躍する気がするんです。

「暗くて見えなかった、もうダメ」とは佐々木選手が、1本目を滑り終えたときに発したコメント。この時点でトップとは1秒差の8位。確かに金メダルには厳しい位置ではある。ただ、「常識的に」まだまだこういうコメントを発する時ではないことは明らか。まあ、それゆえ、報道側がこのコメントを発信しちゃいけないかなって気もしますが・・・。

岡部哲也氏は「佐々木の1本目は慎重に行った結果である」(http://torino.yahoo.co.jp/voice/opinion/okabe/at00008127.html)と分析してましたが、佐々木選手は前の競技、大回転で1本目コースアウトしてます。慎重っていうか・・・・「ビビッた」んじゃあないですか?「ガンガン攻める、イチかバチか、金メダルかコースアウトか」と公言していた人間が、同じ日本人選手(皆川)と約1秒も差がつく滑りをするって・・・・ええ、スキーはハの字滑走しか出来ない私ですけど(笑)書かせてもらいますとも!

1本目の佐々木(「選手」ってつけるのもバカらしい)の滑走順は10番目。わずか0.07秒差につけた皆川選手の滑走順番は11番目。皆川選手はよく見えたって事かな?天候が急変したって事かな?(まあ、天候の急変も私は五輪特有だと思っていますが)

1本目終わった時点でトップのライヒ選手と約1.4秒のタイム差がつき17位につけた湯浅選手、2本目は素晴らしい滑りで7位まで順位を上げた。この2本目のみのタイムで言うと湯浅選手は3番目のタイム。金メダルを取ったライヒ選手の2本目のタイム(1本目、2本目両方共トップタイム)にわずか0.04秒差だった。佐々木がこの湯浅のタイムをたたき出していたらメダルに届いたか!?・・・今計算したら4位でした(苦笑)。では仮にライヒの2本目と同じタイムを佐々木が出していたら・・・見事0.01秒差で銅メダルです。これってどういう意味を持つんでしょうね?ちなみに銀メダルを取るにはライヒ選手の2本目のタイム(トップ)よりも0.18秒も速いタイムが必要でした。ただ、1本目で佐々木が0.18秒速いタイムを叩き出す事、これは可能だったでしょうよ。

ライヒ選手と銅メダルを取ったシェーンフィルダー選手との合計タイム差は約1秒もつきました。今回1、2本目両方ともにトップタイムを出したライヒ選手を2本目で追いぬくのは佐々木の言うとおり「もうダメ」だったのかもしれません。1本目終えた時点で銀メダルも「もうダメ」だったのかもしれません。でも仮に佐々木がライヒ選手の2本目と同じタイムで滑り銅メダルを取ったとしたら・・・私の頭には「そこそこ喜んでいる」佐々木の顔が浮かぶんですよねえ・・・まあ、あくまで想像ですけど。「残念です、金メダルを取れなくて。日本の皆さんスミマセン!」とか相変わらずの「ビッグマウスぶり」を見せながらの満足顔で微笑んでいる佐々木の顔がそこに見えるのです。だって半世紀ぶりのメダルだもん。入賞だってすごいって世界(だから皆川、湯浅両選手は素晴らしいと思う)でのメダル、各テレビ局をまわり、みんなにほめられ、ほくそ笑んでいる・・・・・・・・・ってもうヤメトキマショウネ。

ま、感情論にしろ、結果論でこうして↑分析するにしても(私はスキー素人だけど)、端的に言うなら「佐々木はもう少し1本目のタイムを上げられたはずだし、金は難しかったにしても銅は十分取れた。銀も取り得た」という事です。そして佐々木は五輪で大回転も回転も成績ナシで終わったという事です。


別の話。1、2本目ともコースアウトしたけど「登って」二つとも完走した生田選手には感動させられましたね。2本目終えたあとのガッツポーズ、すばらしいです。そりゃー、実力的にも上を狙う選手じゃないゆえに出来る事なのかもしれませんが、私はここに「五輪」を見ました。「登って」完走を狙うというのはトップクラスの選手は出来ないだろうし、又、やらなくてもいいだろうと思いますが、「姿勢」はかくあるべきだと思います。

7位入賞した湯浅選手の2本目の滑り見ていただきたい。これが「攻めの滑り」! そこには「イチかバチか」って姿は不思議と感じられない。上体が一定の前傾姿勢を保ちながらやわらかい。途中態勢が崩れながらも持ちこたえる。ここに根性が見える。

4位入賞した皆川選手。2本目のスタート前にはそれはそれは緊張したそうです。でも「自分は大怪我したのに、今こうして3位の位置でここに立てる。これだけで何と幸せなんだろう・・・こう思うと緊張も解けてきた」とレース終了後コメントされてます。いいセリフだねえ!!!(涙)


テーマ:トリノオリンピック - ジャンル:スポーツ


朝青龍強い!すごい!面白い!かっこいい!

いいなぁ・・・朝青龍・・・。

今場所は、丁度優勝を決める一番は、生でテレビで見ることが出来た。いやー、強い強い!

貴乃花の「受けとめるだけ受けとめて、後からじんわり」って相撲も「格の違い」を見せつけるようでスゴミがあるが、私は単純に今の朝青龍の「まともにガーンとぶつかり、なおかつ受けとめる」って相撲のほうが好きだ。やっぱ迫力がある。分かりやすい。そういう意味でも優勝を決めた魁皇との一番は改めて「トップ力士のスゴミ」ってのを感じた。双方思いきってぶつかって、どちらも弾け飛ばない。双方真正面から圧力をかけて、動じない。私はこういうのが見られるだけで満足!なところがある。


この相撲を見て、初めて2ちゃんねるの「相撲」の欄に行ってみた。今の相撲の流れってのはどうなんだろうと。2ちゃんねるっていうのはおおまかな流れを見るにはすごく便利なところだと思う。おそらくはインドア、斜めな見方の人が多いだろうから、その「読解」にはかなり注意を要すが、例えて言うなら、ある人を知るのに「その人が本当にどういう人間であるのか」というのを調べるには適さないが「その人の着ている服が何であるか」ってをの調べるにはすごく役に立つサイトが2ちゃんねるではないかなと思っている。

で、その2ちゃんによれば、「今より若貴曙時代のほうがレベルは上」との事。うーむ、確かにこの3力士は強かった。それのみならず、その下にもたくさん強い力士がそろってた。それと比較して今・・・・確かに今のほうがレベルは下かもしれない。

でも、今のほうが私は好きだ。それは朝青龍によるものがやはり大きいかもしれない。私の見方で言えば「横綱らしさ」は若貴曙武蔵丸より上。格というか、いわゆる「線の細さ」ってのが感じられないのがいい。若貴曙、いずれもなーんか線が細い。武蔵丸はそういう意味ではどっしりとしていて私好み。武蔵丸は好きな力士だった。何がいいってケガしないところに好感を持っていた。晩年はどうしても重量力士の泣き所というか、膝を中心として故障があったが、あのどっしりとした感じは好きだった。でも朝青龍と比較となれば、朝青龍のほうが上である。

制限時間直前の仕切りから塩を取りにいくときの独特の動き、実に「華」があっていい。彼については、懸賞を受け取るときが左手だとか右手だとか(どっちがホント?)、勝ったときのガッツポーズ等、いろいろ取り沙汰されたが、私は彼に限っては構わないって気持ちになっている。語弊のある言いかただけど、「強ければ許される」と思うのだ。今場所でいえば、優勝を決めた一番、雄たけびをあげた。私は感動した。

立川談志氏が、「外国人を受け入れた時点で、100%日本らしさを求めるのは違うと思う。モンゴルからきたなら、土俵の中でモンゴルらしさってのがある程度出るのが自然」と言ってた。私はこの意見に影響されているのかもしれないが、確かにそれはそうだと思う。要は「どこで線を引くか」なのだけれども、今の朝青龍を見る限り、特別どうこうっていうレベルでもないかなと思う。又、これまでに直るところは直されてきてるし、今後も徐々に改まるところは改まって、より「横綱らしさ」が出るのではないかと期待している。

夜中の再放送で千秋楽の相撲も見た。いい相撲だった。千代大海のキョウレツなのど輪、付き押しに耐え、受けとめ、組みとめ、勝った一番だった。千代大海はまさにこの「押し」で大関になった。その「大関の証」の付き押しを、横綱の器で返した相撲と、私には映った。

朝青龍、まだ25歳なんだよねえ。

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。