しぃせんたけだHP
コメント、どんどんお書きください。ネチケット違反は即刻削除です。また当HPの内容が取り上げられてない記事のトラックバックも削除対象です。携帯版のアドレス→http://simeji74.blog8.fc2.com/?m

プロフィール

しぃせんたけだ

  • Author:しぃせんたけだ
  • 1974年生まれ。163cm、63kg。現在草野球を時折やっております。ポジションはピッチャーか内野。学生時代などに部活等でチームに入っての野球経験はありません。プロ野球は千葉ロッテファン。次いでホー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



黒猫clock



天気予報


-天気予報コム- -FC2-






管理人へのメールはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「森光子の若さの理由」に、補足したい。・・・その3

いやぁ、2ヶ月近くもあいてしまいました。どうも、ひとつの話題を分けるっていうのはよくないですね。確かに今回の話題は長いので分けざるを得ないというところはあったのですが、書かない日が過ぎるにつれ、私にとって重たくなってしまいました。本当は時事ネタをポンポン入れていきたいこの2ヶ月ではありましたが、記事が途中のものがあるのに別の話題をさしこむのもなんだろうと。この2ヶ月中、ちょっとのっぴきならない事情だとか、せっかく書いたはいいが、PC操作のミスで文章が飛んじゃったりとか(3度もあった!)、そんなこんなでこんなにも間隔が開いてしまいました。

では、森光子さんの健康法の本当のところ、の続きです。
(以上、ここまでの文章はいずれ削除予定)


本題に入る前に、「その2」で書いた工藤の食事法の話。その2で書いた番組内ではそれが紹介されなかったですね。まあ、この話題についてはどこかの別の番組がすでに取り上げたかもしれないですし、今後もどこかの番組が取り上げることでしょう。詳細を知りたい人は、幕内秀夫氏の『粗食は最強の体をつくる!』をお読みください。一読に値する本です。


本題。森光子さんの「1日の全体量」はさほど多くないのではないかっていうのが私の感想です。番組内ではさかんに「よく食べる」との印象が述べられてましたけど、「1日全体の食事量」は大したことないんじゃないかと思うんです。現に昼飯はちゃんとした形で摂ってません(豆乳ジュースを飲むのみ)。より正確に言うならば「その日の運動量に合った量を」きちんと摂っている
のではないかと。これは意外と出来そうで出来ないです。そういう意味では、舞台のある日は本当に「しっかり食べる」のかもしれません。

「快食」」というと、しっかりモリモリ食べるという印象があります。もちろんそれはそれで間違いではないのでしょうけれども、私はその印象にだまされる事なく、むしろ徹底的に食事の量を減らす事を、誰もが一度は考えるべきだと思います。ここで言う「徹底的」とはどういう事かといえば、「やせない」量という意味です。やせないようにそれでいて量を減らすだけ減らしてみる。もちろん、蛋白質だとか必要な量の脂肪であったり、もちろんミネラル、ビタミンはしっかり補給出来るような食事をするわけです。カロリーだけ徹底的に減らしてみる・・・といっても分かりづらいので、感覚的でいいから減らしてみる。端的に言うならば「頭を使う」わけです。

なお、「やせない」量の食事を試みる中で、500g?1kgくらい体重が減ってしまう事があるかと思います。この後さらに体重が減るならば、食事を見直す必要がありますが(つまり量が少なすぎる)、体重の減りが止まれば、その食事を継続すべきです。この場合の500g?1kg(人によるが)の減りは、それまで体内にあった余分な便の量です。毎日多量の食事を摂れば、毎日体内にとどまる便等の量もそれだけ多くなるという事です。ちなみにダイエットで「最初の1kgはすぐ落ちる」というのもほとんどの場合、この原理です。


豆乳ジュースの話。豆乳は100ccで大体3,4gの蛋白質を含みます。おそらく森さんは200ccくらいは飲まれるでしょう。ということは、この1杯(豆乳+ほうれん草)で、7?8gくらいの蛋白質、そして各種ビタミン・ミネラル類を補給することになります。これはあなどれない量です。森さんは可能な限りはこの「おやつ」を口にされているとの事。
番組内ではさかんに「肉」「量」ということが強調されていたフシがありますが、私はむしろこのジュースのほうがあなどれないと思います。別に私が
ベジタリアンだからというわけではなくて、栄養という意味からみてもなかなかの内容だからです。


さて、食べ物は可能な限り細かくして唾液と十分にからめ、胃腸に送るのが、消化という意味では一番いいわけです。そういう意味ではミキサー等を使って作った流動食を十分に唾液とからませた上で飲み込むのが一番健康にいいという事になります。けれども、こればっかりだと胃腸が弱ってしまうそうです。
朝お粥を食べるというのはいい事ですが、毎食お粥は胃腸を弱らせます。適度に固形状態のものを胃腸に送るくらいのほうがいいんです。

もちろん、咀嚼は十分にすべきです。咀嚼は最低でも一回に20回ほどはすべきでしょう。森さんは80回噛んでいました。なお、2、3時間かむと
「味の向こう側」が見えるそうです(笑)。ただ、毎度流動食はヤリスギ。

そうした原理を十分ふまえた上で効果的に流動食を使うのは「若い人でも」大いにアリなのです。そういう意味では森さんの豆乳ジュースの使い方は非常にいい。又、森さんくらいの高齢の人が流動食を積極的に取り入れるのは実に効果的でしょう。101歳で亡くなられた三浦敬三さんも、きな粉、すりごま、卵の殻の粉末、牛乳、ヨーグルト等を混ぜた特製ジュースを毎日飲まれていたとか。このあたりは決して見逃せないポイントだと思います。

ちなみに三浦敬三さんの書かれた一連の本も健康法、考え方等という意味において、大いに一読に値します。


以上、私が考える森さんの「食事法の本当のポイント」を述べてきましたが、実はこれらよりももっと大事なポイントがあります。それは「食べる」という気概です。「食っておかないとマズイ」という意気込みです。森さんはもちろん先天的に丈夫ではあるのでしょうけれども、やはりこの気概があるのだと思います。森さんで言えば舞台という非常にハードな仕事をされているわけで、それをこなすにはやっぱり「食っておかないと」仕事にならないわけです。
誰かから教わったのかもしれませんが、「食っておくには」と森さんが思案した中での賜物が豆乳ジュースだと思うんです。

ということは、やっぱり「ライフワーク」を持つ事が、より健康的な生活を送る上では何よりも大事じゃないかなと、番組を見て私は感じました。2ヶ月前に(笑)。




こういうところをTVはきちんと突っ込んで番組を作ってほしいんだけどなあ。そう思ってこの記事を書いたんですが、たまたまこの記事を書いてから(1月11日)しばらくあとに「あるある捏造問題」が発覚しましたね。
私はあの番組は、というかあの手の番組はほとんど見てないので納豆の回も知りませんでしたが、まあ、すごく幼稚な内容ですよね。はっきり言ってしまえばあの程度の番組でだまされるほうが悪い。私なんか中学とか高校生の頃から栄養関係の本に興味があってそこそこ読んでいたからテレビで放送される内容が生ぬるくて仕方がない。たとえ新たな栄養学上の発見だとしても、生ぬるい。

まあ、この手の話は又今度ということで(こういう形で「又今度」というのはアリ。話が途中で、残りの記事もまだ書いていないのに、「明日以降」と書くのがよくない。笑)
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


「森光子の若さの理由」に、補足したい。・・・その2

・・・・前回の話の続き・・・・なんですが、今晩遅くのTBS系の「Jスポーツ」という番組において巨人・工藤の生活術が放送されるそうです。幸い(?)まだ放送前にこのブログを確認できた方は、ぜひともごらんくださいまし。おそらくは幕内秀夫氏が多少関係する「粗食」あたりが取り上げられると思うのですが、まあ、ともかくごらんあれ。次回、このこともふまえて、「その3」を書こうと思います。


おそらく、森光子さんの健康法よかずっとためになるかと思います。とはいえ、(過去に本などで読んだ限りでは)私は工藤の健康法ほどストイックじゃなくてもいいかなと思っているのですが・・・はてはて、どういう内容が放映されるのか・・・。



「森光子の若さの理由」に、補足したい。

島田紳助さん司会の健康番組に、森光子さん(86歳)が出ていたのをTVで見ました。さかんに肉を食べることが若さの秘密だって強調されていたフシがあったのですが、ベジタリアンの自分としてはそれには反論したいところです。が、栄養学的には必ずしも間違っている事でもないので、すこし視点を変えて・・・・というか、私が感じるところの「森光子、若さを保つ本当の理由」について書いてみたいと思います。


結論から言えば、彼女の若さの理由は「ライフワークを持っている事」から端を発しているのではないかと思います。超ロングランの舞台「太閤記」が、彼女の健康生活のなによりの源だと、私は思うのです。


この番組を見てない人のために、森さんの生活におけるポイントを少し書いてみます。
 ・2時から9時まで毎日7時間「連続」で眠る
 ・毎日「適量の」肉を食べる
 ・毎日温野菜をとる
 ・15時頃のおやつには、ゆでたほうれん草を豆乳といっしょに
  ミキサーに混ぜた豆乳ジュースを飲む
 ・朝晩、それぞれ75回ずつ(1日150回)スクワット
  (4分の1スクワット)を行う。
  (※ 私が思うに結構なスピードがありました)
 ・食べ物は良く噛む。番組中の会食のシーンでは一回に80回
  咀嚼(そしゃく)を行ってました。
 ・マージャンはいい手であがりたい(笑)
 

さて、これを実践すれば健康になれるかというと疑問ですね。正確には「実践できれば」その人はすでに健康じゃないかと思います(笑)。まず、番組中でも指摘されてましたが、86歳で7時間連続で眠れるもんじゃあない。それから毎日肉に対して食欲がわくもんじゃあない。食欲があったとしても、胃がもたれるとか多少違和感を持つのが一般的だと思います。


じゃあ、なぜ食欲がわくか。なぜ7時間連続で眠れるほど体力があるのか、なぜスクワットが出来るのか、なぜそれを継続できるのかって事がもっと大事なポイントだと思うんです。それはやっぱり「舞台を継続する」って事が大前提にあって、「現役でいる」という気概がそれをさせているのだと思います。


だから今仕事をリタイアしている人が「森光子を見習おう」とばかり、今回のポイントをなぞったところで健康を維持できるかというと、そんなこともないでしょう。なぞれたところで継続できないでしょう。これは若い人とて同じ。


森さんはやろうと思っても普通は出来ないことをさらっとやっているわけです。それはやはり「生涯現役」の気概がそうさせているのだと思います。もちろん本人が生まれ持っている資質というのはあると思います。今気づいたところですが、耳が遠くなってるフシもないですね。これもすごい。


以前、他の番組で彼女が言ってたことで私が印象に残ってるのは「私ぐらいの年齢になると背筋も曲げちゃったほうが楽ですが、そこは意識して伸ばすようにしてるんです」というもの。

「ライフワーク」を持つことがカギというわけですが、それは何も報酬がアルナシで考えなくてもいいと思います。何が肝心かというと「本気になれる」という事。「趣味程度と思われるもの」でも、それが本人にとって「本気になる」ものならば十分ライフワークの資格があると思います。逆にそれがやはり趣味程度におさまってしまうものならば、厳しい言い方ですが「健康を促すほどの」ライフワークにはなりえないのではないかと。


それ以外で私が考える「森光子若さの理由」がいくつかあるのですが、長くなったので明日以降ということで。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


「新・男はつらいよ」を作るとしたら・・・・

妹のさくらは、宮崎あおいで即決(笑)。ていうか、彼女は個人的な感想ですが、どうも若いときの倍賞千恵子をイメージさせるのです。


で、寅さんは誰がいいかなと考えたのですが、意外と水谷豊にやらせたらいいかなと。イメージがまるでわかないですが、最近では独特のキャラをつくりあげ「相棒」でヒットを飛ばしたように、又これまでの彼の仕事ぶりを見るに・・・


思いっきり役作りをしてくれるのではないかと。


あるいは、渥美清の寅さんとはさすがに違うけど、少しそれを感じさせてくれながらもNEW寅さんっていうのを見せてくれるのではないかと。



役作りをした水谷豊の寅さん・・・・・←↑こんな事をふと想像して、自分で一人で笑ってしまいました。


あ、でも、妹と寅さんが異様に年が離れてますね。だめか・・・。水谷豊を残すなら妹はキョンキョンあたり・・・・これはいいんでない?・・・・宮崎あおいを残すなら・・・寅さんは・・・?・・・・・






カンニング竹山?(笑)あるいはバナナマン日村・・・・人間性クイズつながり(笑)・・・・すごかったな、あれ。

若槻千夏は妊娠してないそうです。

まぁ、本人が言ってるんだから間違いないでしょ(笑)↓




この放送は4日か5日頃の深夜やってたのですが、私は前半30分くらいを見ました。その30分の中で↑のシーンがあったので、少し補足して解説させてもらいます。

若槻の隣にいるジュディ・オング顔の人は東原亜希です。同じ事務所で、ほぼ同期という事で非常に仲が良く、普段もいっしょによく遊ぶのだそうです。そこでそれを聞いたアンガールズの山根が「どっちがパシリになるんですか?見聞きした限りの話では・・・」といったような話をしたのです。「ネットサーフィン」がどーたらってのもそういう事。

ところで、ここでは東原の反応、表情が結構面白いです。


私は若槻千夏は、顔はさほどタイプではないですが、見ていて楽しい数少ない芸能人なのでファンです。ちなみに「パシリ」の話も、普段手にも取らない写真週刊誌を書店で立ち読みしたので、知ってました(笑)


参考動画1




彼女は良くも悪くも、繊細というか、「気にしぃ」のタイプの人間のようです。

参考動画2



5回ってのは強烈ですね。全てのグラビアやっている人がそうってわけじゃないと思うんですよね。勝手な想像ですが、撮影の流れを止めたくないとかで、気使ってしまうのではないかと。

参考動画3



これ見ると日焼けも好きでないらしく、インドア派ということ。グラビアのイメージがありますが、元来色白らしいです。そう考えると、復帰はしましたが、以前と比べるとすこ?し顔色が黒っぽい感じなのが気になるんですよね。また病気とかにならないでほしいです。


参考動画4、5、6








アァ?、面白い(笑)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。